いま話題の「夜だけ肌断食」とは?

最近はやりの美容法「肌断食」。なかでも「夜だけ肌断食」が話題になっています。「夜だけで効果があるの?」と思われる方もいますが、夜だからこそ受けられる「恩恵」があるんです。夜だけ肌断食成功に向けて、具体的な方法と効果を解説していきます!
最近はやりの美容法「肌断食」。なかでも「夜だけ肌断食」が話題になっています。

「夜だけ肌断食」は、夜のスキンケアや洗顔に化粧品を使わないシンプルな方法です。「完全肌断食」をする前の最初のステップに取り入れるのが最適と言われています。

肌断食はスキンケアやメイクなどを使わず、素肌本来のチカラを取り戻し、健康な美肌を取り戻す方法です。
とはいっても、今まで使い続けてきたスキンケアやコスメを、突然すべてやめてしまうと、肌が驚いてトラブルが起きやすくなります。

長い間、スキンケアなどに頼り続けた肌は、皮脂の分泌やターンオーバーサイクルが乱れており、素肌そのものの機能が衰えていることが考えられるからです。

そこで、出てきたのが「夜だけ肌断食」と呼ばれる方法です。突然「完全肌断食」で一切のスキンケアやコスメを使わないのではなく、「夜、寝ている間だけ肌断食」を行ないます。

夜だけとなると、
「ほんとに効果があるの?」
という声が聞こえてきそうですが、「正しい方法で夜だけ肌断食をすれば、必ず効果があります」

特に、スキンケアや化粧品を使う機会が多い方や、長い間化粧品に頼ってきた方は、「夜だけ肌断食」はおすすめです。

注意して欲しいのは、「夜だけ肌断食」は「完全肌断食」を行なうためのステップとして取り入れて欲しい点です。

「夜だけ肌断食」で肌の様子を見ながら、じょじょにスキンケアや化粧品に頼らなくて良い、健康な素肌に戻していくのがベストです。

「夜だけ肌断食」で期待できる効果と、具体的な方法を解説していきます!

夜だけ肌断食とは

夜だけ肌断食とは

夜だけ肌断食とは、「夜のみスキンケアや化粧品を使わずに過ごす肌断食」のことです。
夜は肌の代謝活動がさかんになる時間。代謝活動では、肌の修復やターンオーバーを促進させます。
その修復やターンオーバーをする際に、スキンケアを行ってしまうと、肌本来の機能やチカラが働きづらくなります。

■保湿はいらない、と勘違いさせてしまう

たとえば、長いことスキンケアに頼り、自ら潤う機能がおとろえていると、突然スキンケアを断つことで、極度の乾燥を招いてしまいます。

これは、”本当は乾燥しているのに、肌に保湿成分を補う”ことにより、「保湿はいらない」と脳に勘違いさせてしまうことで起こります。

肌の修復に必要な指令は、脳の視床下部で行われ、分泌する成長ホルモンによって行われます。疑似的に肌が潤っていると、その指令が飛ばないのです。

お肌そのものが健康な状態ですと、スキンケアの保湿がなくても、皮脂を適度に出し、常在菌が働いて、外敵から肌を護ることが出来ます。

スキンケアに頼っていると、そもそもこの「護るチカラ」が弱まっていることが考えられます。

■ターンオーバーはいらない、と勘違いさせてしまう

ターンオーバーはいらない、と勘違い

女性にとって、美しい肌になるために、いらないアカなどがはがれてゆく、ターンオーバーは、とても大切な肌機能のひとつです。

美しくあるために化粧品を使っているなら、
「お肌に保湿成分や栄養を届けていれば、ターンオーバーを繰り返すうちに、どんどん美しくなれる!」と期待してしまうでしょう。

ところが、美容液やクリームなどで肌の表面をおおってしまうことで、本来はがれおちるアカや必要のなくなった角質がはがれず、肌に残ったままになってしまいます。

美容液やクリームなど、こっくりしたテクスチャのスキンケア化粧品は、シリコンなどが入っているものがあり、毛穴を塞いだりはがれ落ちるはずの古い角質をとれにくくしてしまいます。

そうすると、「アカがはがれた」というサインが肌の奥に伝わらず、次の細胞が肌奥から生まれなくなってしまいます。すると、肌表面の角層がどんどん薄くなっていきます。

肌が薄くなっていくと、ふんわりした肌とはちがい、しみやたるみに繋がったり、肌奥深くの血管が見えやすくなり、血色も悪くなってしまいます。

スキンケアを行なうことで、肌表面の適度な乾燥がなくなってしまい、不要なアカが肌に残るのは良くありません。せっかくのターンオーバーを阻害しないようにしましょう。

この2つの理由から、「夜だけ肌断食」をまず行って、肌の代謝活動が正常に戻るように促して、スキンケアに頼らなくても良くし、健康な美肌を呼び戻していきます。
トラブルに陥りにくい状態になれば、「完全肌断食」に移行できます。

夜だけ肌断食の効果はいかに

夜だけ肌断食の効果はいかに

夜だけ肌断食をすると、スキンケアで隠れていた本当のお肌の状態を、見つけることができます。
少し乾燥していたり、肌荒れがある場合は指令がでて、保湿成分である皮脂を出したり、天然保湿因子を肌に蓄え、お肌を保護するように働きます。

スキンケアでこのサイクルを阻害しないようにすると、お肌はどんどん自らのチカラでがんばりだします。この、肌を護る機能がどんどん戻ってくるため、夜だけ肌断食でも効果は高いと言えます。

肌にとって必要な修復をし、ターンオーバーが正常化すると、美肌が作られるサイクルができやすくなります。

夜だけ肌断食を行なう時の注意点としては、睡眠時間があげられます。

美容のゴールデンタイムである、22時に就寝するのが理想ですが、なかなか難しいと思います。その場合は、遅くとも24時までには休み、最低6時間以上寝るようにしましょう。

睡眠が足らないと、お肌の修復が後回しにされてしまうからです。

カラダは眠ってから、身体の重要な脳や臓器などから修復を行ないます。睡眠時間6時間を下回ると、お肌の修復がされないままになってしまいます。

せっかくカラダがお肌の修復に働きかけてくれるのですから、邪魔しないようしっかり休むこと。お肌のターンオーバーを促してあげましょう。

夜だけ肌断食のやり方は?

夜だけ肌断食のやり方は?

■【鉄則】クレンジングはNG

メイク落としのためにクレンジングを使わないようにしましょう。

クレンジングの代わりに、美容ソルトや釜炊き鹸化法(かまだきけんかほう)で作られたお肌にマイルドなせっけんを使用します。マイルドな分、洗浄力が落ちてしまいますが、メイクが残っている場合は、ゴシゴシこすらず、再度優しく洗い流すようにします。

クレンジングは洗浄力が強いものが多く、肌に必要な皮脂や保湿因子なども奪って落としてしまいます。
その後に待っているのは極度の乾燥です。
また、クレンジングと洗顔料のW洗顔もNGです。すぐにやめるようにしましょう。

また、洗顔時に40℃近いお湯で洗わないように注意しましょう。温度の高いお湯も、洗浄力が強く、お肌の保湿因子を流してしまい、乾燥を招きがちです。

ごくゆるいお湯でこすらずに洗うようにしましょう。

■朝)洗顔は水洗顔でOK

洗顔は水洗顔でOK

朝は水やぬるま湯洗顔にします。ここでも、40℃近いお湯を使わないようにしましょう。

ただし、ニキビに悩んでいる方は、朝の洗顔もなるべく石けんや美容ソルトなどで洗うようにしましょう。美容ソルトは、塩の浸透圧を利用して、優しく毛穴の汚れを落としていきます。

洗い上がりも乾燥しにくいので、ぜひ取り入れてみてください。

■朝)スキンケアはケミカルなものを避ける

スキンケアをするときに「価格」や「使いやすさ」から、化学合成物質が入っている化粧品を選んでしまいがちですが、肌断食では合成化学物質を特におすすめしていません。

界面活性剤の中でも、合成化学物質からできる合成界面活性剤は特に強く作用し、肌表面のバリア層を壊してしまう恐れがあります。

また、防腐剤は肌にもともと備わっている常在菌まで取り去ってしまい、外敵である悪い菌をお肌に招いてしまいます。

また、乳液やクリームも水分と油分を混ぜ合わせるため、界面活性剤が必ず使用されています。

肌表面のバリアを壊して、有効成分を角質層まで届けるスキンケア商品もあり、長期的に使用すると、肌本来のバランスが崩れがちになります。

自然派の化粧品が良いかというと、かぶれる植物や食物も存在するので、必ずしも安全とは言えません。

肌断食を成功させるなら、保湿のスキンケアは、化学合成物質の入っていないものに変えましょう。さらに、肌の乾燥が気になる時に、気になる箇所にだけ使用することをおすすめします。

■朝)メイクは石鹸で落ちるものを使う

メイクは石鹸で落ちるものを使う

肌断食では、パウダータイプでメイクすることをおすすめしています。パウダータイプは粒子が大きいので、毛穴の奥深くまで入り込みにくいからです。

パウダーの中でも、特におすすめはミネラルファンデーションです。
ただし、原料に金属が使われています。金属アレルギーのある方は注意が必要です。

リキッドやクリームファンデーションは、合成界面活性剤や防腐剤が含まれています。またシリコンなどでなめらかにし、使いやすくしているものもあります。毛穴を塞いでしまう代表的なコスメです。

可能な限り使用しないようにしましょう。

ただし、パウダータイプのメイクは「浮き」が気になることもあるようです。
乾燥からメイクが浮いてしまう…と悩む時には、ごく少量のワセリンや馬油を下地に使用します。

この時、たくさんつけすぎると、美容液やクリームを使用した時と同様に、アカがはがれおちなくなってしまうので、よくありません。

ゴマ粒1つくらいの極々少量をとり、薄く伸ばすようにして使用するようにましょう。

■夜)洗顔のみでスキンケアは行わない

洗顔のみでスキンケアは行わない

夜は、洗顔をていねいに行い、その後の保湿目的のスキンケアを行わないようにします。なにもつけず、そのまま休みましょう。
夜の間は肌を休ませ、整える時間にします。

そうすると、本来のお肌の状態を察知して、皮脂を分泌したり、天然保湿因子などの保湿成分を、肌奥深くで作り出していくようになります。

スキンケアに頼り続けていると、自分で保湿成分を作り出す一連の働きが弱まっていることも考えられます。肌断食を長期的に続けていくことが必要なのは、この理由からです。

ただし、肌奥深くから湧き上がる保湿因子は、水分と油分をサンドイッチにして細胞を作り込みます。ただの水分だけですと、蒸発してしまうのですが、水分と油分をサンドイッチにすることで簡単に蒸発しないようにします。

また様々な種類を取り揃えたセラミドなどが含まれる細胞間脂質を作り出し、肌表面に送り出すことで、どんどん保湿機能を充実させていくのです。

どうしても、肌断食を始めたすぐに、乾燥が気になり、不安に思えることもあるかも知れませんが、次第に肌の修復や保湿がスムーズに行われるようになります。続ければ続けるほど、翌朝のお肌の状態が楽しみになっていきます。

本格肌断食どちらがおすすめ?

本格肌断食どちらがおすすめ?

急に全てのスキンケアや化粧品を止めてしまう「完全肌断食」は、もともとスキンケアに頼ることが少なかった方や、化粧品による肌のトラブルを抱えている方には、有効かも知れません。

ただし、スキンケアに頼り続け、化粧品を多用している方であればあるほど、「夜だけ肌断食」から始めるのが良いでしょう。

突然すべてのスキンケアを断ってしまうと、お肌の機能が追い付かず、乾燥を通り越してトラブルになってしまう可能性があるからです。

そのため、少しずつスキンケアを減らしてならしていき、お肌の機能を少しずつ取り戻していきながら進められる「夜だけ肌断食」は最適といえます。

夜には、肌の代謝活動が活発になるので、その働きを阻害しないで済むことも理由です。

肌断食は、長期的に取り組んでいくと成功にもっとも近づけます。トラブルになってしまわないよう、お肌の様子を見ながら二人三脚で進めていき、素肌力をアップさせていきましょう。

まとめ

夜だけ肌断食の特徴や成功の秘訣についてまとめてみました。夜だけ肌断食は、あくまで、完全肌断食をするまでの最初のステップと言えるもの。取り組んでみようと思うなら、夜のスキンケアをしないようにしましょう。さらに、一つひとつスキンケアを減らしていったり、使う量を減らしていったりしながら、一番続けやすいペースで行うのがベストです。健康なお肌が作り出す、天然の保湿機能でさらすべお肌を手に入れてください!

プルミエグランの洗顔料は、肌断食専用の美容ソルトの洗顔料!
安心の合成界面活性剤無添加で、美容ソルトの浸透圧で毛穴の汚れを取り除きます。

公式サイトにはない、初回限定のお得なキャンペーンコースがあります。
↓↓「しっかり続けて成果を出したい」 という方はコチラがおすすめです↓↓