塩洗顔の効果とやり方|毛穴をきれいにして角栓・ニキビ予防に

「毛穴を目立たなくしたい」
「肌のつっぱりや乾燥を改善したい」
「ニキビ予防になる洗顔を探している」

という人には、塩洗顔がオススメです。

しかしながら、「塩で洗顔をする」と聞くと、

「ヒリヒリしそう」
「赤くなりそう」

と感じてしまい、一歩踏み出す勇気を出せない人が多いようです。

当サイトを運営する]肌断食研究所では、美容ソルト(塩)の洗顔が、素肌を健康に美しく保つ洗顔法であると考えています。

そこでこのページでは、塩洗顔の効果からやり方、注意点までをお伝えします。

肌断食社長

泡で洗顔することが慣れている人には、塩で洗うことに抵抗をもつかもしれません。

しかしながら、塩での洗顔は自信をもってオススメできます。

その理由を、肌断食研究所代表の私、加藤が解説します!

塩洗顔とは

塩洗顔とは

塩洗顔とは、文字通り、塩を使用した洗顔方法です。

塩洗顔は、とくに肌トラブルでお悩みの人や、素肌をトゥルトゥルにしたい人にオススメな洗顔になります。

洗顔といえば泡で洗うことが一般的になりましたが、「泡」の正体は界面活性剤です。

界面活性剤は、

  • 洗浄力が強く、肌に必要な潤いまで削ぎ取る
  • 泡では取れない毛穴汚れがある

など、肌悩みを引き起こす原因になっています。

塩洗顔をオススメする理由は、“肌にやさしい洗浄”ができて、さらに“泡では取れない毛穴汚れを取り除く効果”が期待できるからです。

塩洗顔は、今までの洗顔の常識を覆すポテンシャルをもっています。

塩は生命の原点

塩は生命の原点

塩は、生命の源です。

生命は、海から生まれました。
赤ちゃんが母親のお腹の中で包まれている羊水には、塩分が含まれます。

つまり、生物は塩に守られているのです。

また、トラブル肌の人が、「海に入ると肌の調子がよくなる」とよく言われます。
これは、肌トラブルに海水浴療法が太古から常識として行われてきたことに通じます。

人は、生まれる前から塩分に触れてきており、肌の洗浄にも非常に相性がいいのです。

肌断食社長

塩は、生命の原点となる成分です。

スキンケアも原点回帰することで、あなたの肌も本来の美しさを取り戻すでしょう。

塩洗顔の効果

塩洗顔の効果

塩洗顔は、

  1. 浸透圧による毛穴(角栓)効果
  2. 必要な潤いを残す
  3. ニキビ予防

などの効果が期待できます。

1.浸透圧による毛穴(角栓)効果

浸透圧による毛穴(角栓)効果

塩には浸透圧があり、とくに毛穴の洗浄に効果を発揮します。

化粧品には、シリコンなどの水でも油にも溶けない成分が使用されます。
溶けない成分が毛穴に入り込むと、泡(界面活性剤)ではなかなか取り除けません。

塩は、浸透圧の力によって化粧品による毛穴詰まりを引っ張り出します。

そのため、黒ずみや角栓などの毛穴悩みがある人には、非常にオススメです。

2.必要な潤いを残す

毛穴が通っている肌からは、素肌のもつ油分が出てくることで皮脂膜を形成します。

塩洗顔は、界面活性剤を使用していないため、肌に必要な潤いである皮脂膜などを残します。

そのため洗い上がりは、さっぱりするけどツッパらず、乾燥しません。

肌断食社長

塩で洗うと、パリパリに乾燥しそうと思いがちですが、そんなことはありません。

むしろ、乾燥肌の人にオススメですよ。

3.ニキビ予防

塩洗顔は、

  1. 毛穴を清潔に保つこと
  2. 必要な潤いを肌に残すこと

という、ニキビ予防に必要な2つの要素を満たしています。

さらに塩は、天然の抗菌作用を有しているため、洗顔と同時に雑菌などの抗菌効果も期待できます。

そのためニキビに悩む人は、スキンケアをあれこれ試すのではなく、塩洗顔を採り入れることがオススメです。

塩洗顔のやり方

塩洗顔のやり方は、

  1. 市販の塩はNG
  2. オススメは美容ソルトの洗顔料「うつくしお」
  3. 強く擦らない
  4. 毎日OK

がポイントになります。

1.市販の塩はNG

市販の塩はNG

市販の塩(食用塩・粗塩)を、そのまま洗顔に使ってはいけません。

なぜなら、塩は結晶になっており、結晶の角が肌を傷をつけてしまうからです。

また、一般的な塩にはにがりが含まれており、肌を乾燥させる原因となります。

にがりはタンパク質を凝固させる働きがあるため、肌を固く乾燥させる恐れがあるのです。

肌断食社長

海水浴で海から出たら、髪がパサパサ、肌もキシキシになっているのは、にがりの作用ですよ。

2.オススメは美容ソルトの洗顔料「うつくしお」

美容ソルトの洗顔料「うつくしお」

手前味噌ではありますが、当サイトを運営する肌断食研究所では、美容ソルトの洗顔料「うつくしお(美塩)」を販売しています。

うつくしお(美塩)の特徴は、次の3つです。

  • 泡では取れない毛穴汚れが、塩の浸透圧で取れる
  • 界面活性剤を使用していないことで、必要な潤いを残してくれる
  • 美容成分配合で、敏感肌の方もやさしく洗顔できる

うつくしおに使用される美容ソルトは、パウダー上のフワフワの細かい粒子になっており、さらに角丸になっているため肌を傷つけません。

また、肌を乾燥させる“にがり”を除去しているため、洗い上がりの乾燥を防ぎます。

つまりうつくしお(美塩)は、塩のいいところだけを残すように作られた塩洗顔なのです。

▼うつくしお(美塩)▼
肌断食専用の洗顔料「美塩(うつくしお)」

3.強く擦らない

塩洗顔だけでなくすべての洗顔で言えることですが、肌を強くこすってはいけません。

肌を強くこすると、肌への負担となってしまいます。

やさしく撫でる程度で、力を入れずに洗顔しましょう。

4.毎日OK

塩洗顔は、毎日行っていただけます。

「毎日、塩で洗顔したらヒリヒリしそう」と思われるかもしれませんが、少なくともうつくしお(美塩)であれば、毎日洗顔した方が健康な素肌を保てますし、肌を痛める心配もありません。

毎日、うつくしお(美塩)で洗顔することが習慣になると、どんどんトゥルトゥルの素肌になっていきます。

また、今までの市販の洗顔や石鹸では、過剰な洗浄が肌へ負担になっていたことに気づくでしょう。

肌断食と合わせて行うと効果的

塩洗顔は肌断食と合わせて行うと効果的

塩洗顔は、化粧品に頼らない美容法である“肌断食”と合わせて行うことをオススメします。

肌断食とは、肌の断食。

素肌本来が持っている力を引き出すために、化粧品を減らしたり、化粧品を使わないようにします。
要するに、引き算の美容法です。

肌断食は、バリア機能を高めたりターンオーバーを整えたり、肌本来の代謝サイクルを取り戻す効果があります。

具体的には、

  • 毛穴詰まりがなくなる
  • ふっくらとしたキメができることで、毛穴が目立たなくなる
  • くすみがなくなりワントーン明るくなる
  • ニキビができにくくなる

などの効果が期待できます。

ぜひ、健康で潤った素肌作りに、肌断食に取り組むことをオススメします。

塩洗顔のデメリット

塩洗顔のデメリットは、こちらです。

  • 市販の塩(食塩・粗塩など)は使えない
  • 洗いにくい
  • メイクは落ちない
  • 世間の理解がない
すでに説明しましたが、食用として市販されている塩では結晶の角が肌を傷つける恐れがあるため使えません。

塩は泡立たないため慣れるまでは洗いにくかったり、メイクが落とせないというデメリットもあります。

また、塩洗顔についての世間的な認知がないため、周囲の理解を得にくいのもデメリットと言えるでしょう。

メイクはやさしい石鹸で落とす

メイクはやさしい石鹸で落とす

塩では、メイクなどの化粧品汚れを落とせません。

塩洗顔のやさしさを最大限活かすためには、メイク落としとして“洗浄力のやさしい石鹸”を使うことをオススメします。

そこでオススメしたいのが、”釜炊き鹸化法で作られた馬油の石鹸”です。

■”釜炊き鹸化法で作られた馬油の石鹸”の特徴

  • 馬油は、人間の皮脂に近いため肌にやさしく、洗浄力がマイルド
  • 釜炊き鹸化法は、石鹸の中にグリセリンなどの保湿成分が残るため、洗い上がりの乾燥を防ぐ

せっかく塩洗顔がやさしくても、メイクオフで肌に負担がかかっていては、肌本来の美しさを引き出すことはできませんので、メイクオフにもこだわりましょう。

▼釜炊き鹸化法で作られた馬油の石鹸▼
うつくしお(美塩)メイク落とし石鹸
肌断食社長

クレンジングは、とくに洗浄力が強く、素肌の保湿成分までそぎ取ってしまいます。

お肌のためにも、クレンジングは使用しないことをオススメします。

まとめ

塩洗顔とは、文字通り、塩を使用した洗顔方法です。

塩洗顔は、

  1. 浸透圧による毛穴(角栓)効果
  2. 必要な潤いを残す
  3. ニキビ予防

などの効果が期待できます。

塩洗顔のやり方は、

  1. 市販の塩はNG
  2. オススメは美容ソルトの洗顔料うつくしお(美塩)
  3. 強く擦らない
  4. 毎日OK

がポイントになります。

うつくしお(美塩)の特徴は、次の3つです。

  • 泡では取れない毛穴汚れが、塩の浸透圧で取れる
  • 界面活性剤を使用していないことで、必要な潤いを残してくれる
  • 美容成分配合で、敏感肌の方もやさしく洗顔できる
うつくしおに使用される美容ソルトは、パウダー上のフワフワの細かい粒子になっており、さらに角丸になっているため肌を傷つけません。

また、肌を乾燥させるにがりを除去しているため、洗い上がりの乾燥を防ぎます。

つまりうつくしお(美塩)は、塩のいいところだけを残すように作られた塩洗顔です。

また、当サイトを運営する肌断食研究所では、美容ソルトの洗顔料を使用するとともに化粧品に頼らない美容法“肌断食”をオススメしています。

肌断食は、化粧品を引き算することで、

  • 毛穴詰まりがなくなる
  • ふっくらとしたキメができることで、毛穴が目立たなくなる
  • くすみがなくなりワントーン明るくなる
  • ニキビができにくくなる

などの効果が期待できるため、塩洗顔とともに行うと相乗効果が期待できます。

ぜひ、塩洗顔と肌断食で、健康で美しい素肌を作りましょう!
本サイトは、肌断食専門の化粧品会社「肌断食研究所」が執筆しています。

肌断食の成功には、「正しい知識」と「適切な洗顔」が必要なため、肌断食専用の洗顔料「うつくしお(美塩)」と肌断食のサポートサービスをご提供しています。

肌断食がはじめての方は、ぜひコチラからお試しください。

▼お得に試すならコチラ▼
【肌断食専用の無添加洗顔】うつくしお(美塩)