【完全版】肌断食の正しい洗顔のやり方|水だけ洗顔や純石鹸がNGの理由

洗顔は、肌断食の成功や失敗に大きく影響するもっとも大切なポイントです。

洗顔がポイントとは知らずに肌断食をはじめた人から、

「角栓や毛穴詰まりが気になる…」
「すごく乾燥する…」

という声があります。

肌断食をはじめても、洗顔の選び方ややり方を間違えると、素肌本来の力が発揮されず肌断食が失敗する原因になります。

また、純石鹸やぬるま湯だけの洗顔をされる人も多いようですが、失敗するケースが多いのが事実です。

そこでこのページでは、肌断食の正しい洗顔方法や注意点などを詳しく解説します。

肌断食社長

肌断食に成功し、健康で潤った素肌を目指しましょう!
肌断食研究所代表の私、加藤が説明します!!

肌断食の目的とは?

肌断食の目的は、健康な素肌になることです。

肌断食によって得られる健康な素肌とは、

  • ふっくらとしたキメが整う
  • 毛穴が目立たない
  • 素肌の水分や油分だけで潤う
  • 肌に透明感がでる

という特徴があり、すっぴんをきれいにしたいという人や、ノーファンデ美肌を目指す人に人気の美容法です。

健康な素肌は、バリア機能が高まり肌トラブルにもなりにくいという、まさに理想の状態と言えます。

しかしながら間違った洗顔で肌断食を行うと、毛穴や乾燥、ニキビに悩み続け、理想とかけ離れてしまうので、洗顔にはとくに注意して肌断食に取り組む必要があります。

▼肌断食全般について知りたい人はこちら▼

クレンジングをやめる

肌断食で、一番はじめに取り組むべきは、クレンジングをやめることです。

なぜならクレンジングに使われる合成界面活性剤は、洗浄力が非常に強いためファンデーションなどのメイクを落とすだけではなく、お肌の保湿成分である細胞間脂質(セラミド)や天然保湿因子(アミノ酸)まで落としてしまうからです。

クレンジングをやめる

肌断食とは、素肌に備わっている保湿成分を活かす美容法のため、自ら保湿成分を落としてしまっては、いつまで経っても潤った素肌にはなれません。

素肌の保湿成分を活かすためには、削ぎ落とさないことが大切な要素と覚えておきましょう。

肌断食社長

クレンジングをやめるだけで素肌の保湿成分が残る量が増えるため、お肌の調子が良くなることがありますよ!

水だけ洗顔と純石鹸

肌断食では、水だけ(ぬるま湯だけ)の洗顔か、純石鹸で洗顔をする人が多いのですがオススメできません。

なぜなら乾燥や角栓、ニキビなどに悩むことが多く、肌断食に失敗する原因になるためです。

もちろんそれぞれにメリットもあるのですが、とくに肌断食初期ではデメリットが上回ってしまいます。

水だけ(ぬるま湯だけ)洗顔

肌断食の水だけ洗顔

皮脂などの自然発生する汚れのほとんどは、お水やお湯で落とせるため、とくに大きなトラブルがなければ水洗いだけでも問題ありません。

しかしながら結論からお伝えしますと、肌断食をはじめるにあたって水だけ(ぬるま湯だけ)の洗顔はオススメできません。

水だけ洗顔がオススメできない理由

水だけ(ぬるま湯だけ)の洗顔がオススメできない理由は、皮脂汚れが取り切れず、ニキビや肌荒れなどを引き起こすことがしばしばあるからです。

皮脂が過剰に排出されてなければ水洗いでも問題ないのですが、クレンジングや洗顔料(石鹸)を使ってきた肌は、皮脂分泌が過剰になっていることが多々あります。

皮脂分泌が過剰になる理由

クレンジングや一般的な洗顔料は、洗浄力が強いため、肌の保湿成分まで削ぎ落としてしまいます。
そうすると、肌は乾燥を防ごうとして、皮脂を過剰に分泌するようになります。

クレンジングや洗顔料を使用していたときは、その強い洗浄力で落としているため問題ありませんが、急に水だけの洗顔に切り替えると、過剰な皮脂が肌に残りすぎてしまうのです。

肌に過剰に残った皮脂は、ニキビや肌荒れ、ときには脂漏性皮膚炎などを引き起こしてしまいます。

つまり、急激に洗浄力を下げて、今までとのギャップが大きくなると、肌断食初期に多い肌トラブルの原因になるのです。

水だけ洗顔は上級者向け

水だけ(ぬるま湯だけ)洗顔で健康な素肌を維持するためには、次の3つの条件が揃うことが必要です。

  1. 毛穴詰まりがないこと
  2. 皮脂の過剰分泌がないこと
  3. 化粧品を一切使わないこと

肌断食をはじめたばかりの人には、毛穴詰まりや皮脂の過剰分泌があるため、水だけの洗顔は向きません。

また、肌断食初心者が「すべての化粧品をやめることもハードルが高い」と言わざるを得ないのが実情です。

肌断食社長

水だけの洗顔は、肌断食を数年以上している上級者向けです。

徐々に洗浄力を下げることが、肌断食を成功に導きます!

純石鹸の洗顔

純石鹸の洗顔

肌断食では、石鹸の中でも「純石鹸」を使う人が多いようですが、結論からお伝えしますと純石鹸はオススメできません。

たしかに、合成界面活性剤を使用した一般的な洗顔料よりは肌にやさしい点がありますが、肌断食を行うにあたって大きいデメリットがあります。

純石鹸がオススメできない理由

純石鹸は、肌にやさしいと思っている人が多いようですが、純石鹸とは洗浄力が非常に強い洗浄剤に分類されます。

なぜなら純石鹸とは、その名のとおり石鹸をつくる成分(石鹸素地)のみで作られているため、洗浄力が強くなるのです。

そのため、肌に必要な保湿成分や皮脂まで洗い流してしまい、過度の乾燥を招いたりバリア機能を低下させる恐れがあります。

とくに化粧品に頼ってきた肌は、肌の保湿成分(天然保湿因子・細胞間脂質)を作る力が低下しているため、純石鹸のように洗浄力が強い洗浄剤で洗顔することは、お肌へ与えるダメージが大きくなります。

純石鹸は、やさしい洗浄力という勘違いはしないようにしましょう。

合成界面活性剤をオススメしない理由
合成界面活性剤は、クレンジングや洗顔料以外にも、シャンプーやボディソープなどにも使われます。

合成界面活性剤は、生分解されない性質があります。
つまり、自然界では分解されず“土に還らない”物質です。

たとえば洗顔料の洗い残しがあると、肌に残った合成界面活性剤が肌の脂を取り続けてしまいます。

これは、合成界面活性剤の洗浄作用が、肌の上で残り続けるからです。

「合成界面活性剤がバリア機能を破壊する」と言われるのは、洗浄力の強さだけでなく、生分解されないのも大きな理由です。

洗顔後、時間とともに肌のツッパリ感が強くなる人は、洗い残した界面活性剤が肌の上で皮脂を取り続けているのかもしれません。

それに対して石鹸は生分解されるため、軽いすすぎで界面活性作用がなくなり、洗浄力はすぐに失われます。

そのため、多少の洗い残しがあったとしても合成界面活性剤よりは肌にやさしいのですが、もともとの洗浄力が強いことが懸念材料なのです。

肌断食にオススメの洗顔

肌断食専用の美容ソルトの洗顔「うつくしお(美塩)」

肌断食の洗顔に求める要素は、「必要な潤いを残し、毛穴がきれいにできる洗顔」です。

この条件を、ぬるま湯だけの洗顔や、市販の洗顔料(石鹸)では満たすことが難しいことは理解できたかと思います。

そこで肌断食研究所では、美容ソルトの洗顔料「うつくしお(美塩)」を開発しました。
うつくしお(美塩)の特徴は、3つあります。

  1. 塩の浸透圧で、泡では取れない毛穴汚れを取り除く
  2. 美容成分を配合することで肌に必要な皮脂を残してくれる
  3. 6つの無添加で敏感肌の方もやさしく洗顔できる

つまり、うつくしお(美塩)は、水だけ洗顔や石鹸洗顔のデメリットを解消し、「毛穴や乾燥」を解決する洗顔料です。

1.塩の浸透圧で、泡では取れない毛穴汚れを取り除く

美容ソルトの浸透圧が毛穴を大掃除

うつくしお(美塩)で毛穴がキレイになる

うつくしお(美塩)は、界面活性剤を使用せず、美容ソルトを配合することで、塩の浸透圧で泡では取れない毛穴汚れを取り除きます。

市販の洗顔料や石鹸では解決できない毛穴の悩みに、オススメです。

2.美容成分を配合することで肌に必要な皮脂を残してくれる

5つの美容成分が潤いをサポート
プラセンタ、コラーゲン、トレハロース、ローヤルゼリー、リボフラビン

うつくしお(美塩)には、美容成分が配合されており、保湿しながら洗顔できるため必要な潤いを残してくれます。

3.6つの無添加で敏感肌の方もやさしく洗顔できる

6つの無添加で敏感肌でも安心

敏感肌でもやさしく洗顔できるように、刺激の強い成分は不使用。

お肌の調子が悪い人や、お肌が弱っている人にもお使いいただけます。

つまり、うつくしお(美塩)は、肌断食の失敗原因である「毛穴や乾燥」を解決した洗顔料なのです。

肌断食をこれからはじめる人や、肌断食に失敗したくない人、肌断食をはじめたけどお肌の調子がよくない人などには、とくにオススメします。

▼「うつくしお(美塩)」はコチラ▼
肌断食専用の洗顔料「うつくしお(美塩)」
毛穴に詰まりやすい化粧品の成分

シャンプーやトリートメントで「ノンシリコン」という種類がありますが、シリコンはメイクやスキンケアなど、さまざまな化粧品にも使われています。

シリコンは、水にも油にも溶けないという性質があります。

シリコンを配合すると溶けない性質によって強力な被膜を作ることで、汗や皮脂によるメイク崩れがしにくくなり肌にツヤがでますが、毛穴に詰まると取り除くことが難しいことがデメリットです。

取り除くためには、強力な洗浄力をもつクレンジングが必要となり、メイクだけでなく肌の保湿成分まで取り除いてしまいます。

肌断食研究所が販売するうつくしお(美塩)は、塩の『浸透圧』というまったく別の力を使って、毛穴の汚れを引き出します。

つまり、合成界面活性剤を使用せずに毛穴ケアができるのが、うつくしお(美塩)の特徴です。

メイク落としはやさしい石鹸

メイク落としにクレンジングは使わないこと、また純石鹸も洗浄力が強いことはお伝えしました。

そこで肌断食のメイク落としは、”釜炊き鹸化法で作られた馬油の石鹸”を選びます。

■”釜炊き鹸化法で作られた馬油の石鹸”の特徴

  • 馬油は、人間の皮脂に近いため肌にやさしく、洗浄力がマイルド
  • 釜炊き鹸化法は、石鹸の中にグリセリンなどの保湿成分が残るため、洗い上がりの乾燥を防ぐ

肌断食は、洗顔後にスキンケア化粧品を使わないため、メイクオフがやさしくできるかどうかが成功するか失敗するかの命運を分けますので、メイク落としもこだわりましょう。

▼釜炊き鹸化法の馬油石鹸はコチラ▼
うつくしお(美塩)メイク落とし石鹸
石鹸の原料でも洗浄力に強弱が出ます

市販の石鹸の主成分は、牛脂・ヤシ油・パーム油が多く、これらは泡立ちがいい反面、洗浄力が強いのが特徴です。

泡立ちのよさは洗浄力の強さとある程度比例するため、「泡立ちがいい=やさしい」というのは大きな誤解です。

洗顔の注意点

すすぎの温度は30〜33度のぬるま湯

肌の温度より高いお湯は、肌の保湿成分を溶かしてしまいバリア機能を低下させます。

すすぎのお湯の温度は、人肌よりも低い30〜33度ほどのぬるま湯にするようにしましょう。

※35度は超えないようにしてください

洗顔の回数は一日2回まで

洗い過ぎは、肌のバリア機能を低下させます。

そのため洗顔は、朝晩の2回までにしましょう。

夜は美容ソルトで洗顔し、一日の汚れを取り、毛穴がきれいな状態で就寝します。

朝は、皮脂汚れやニキビ、毛穴汚れが気になる方は美容ソルトを使用しますが、夜に何もつけていませんので水洗いで済ましていい場合もあります。

朝の洗顔は、美容ソルトを使用するか、水洗顔にするかお肌の調子によって選べばいいでしょう。

肌断食の朝の洗顔

強くこすらない

肌をゴシゴシこすることは、肌の保湿成分を削ぎ取ってしまい、肌の構造まで壊してしまいます。

「早くきれいになりたい」という気持ちはわかりますが、力を入れるのではなく、肌に触れるか触れないかくらい優しくなでるように洗顔しましょう。

肌断食社長

うつくしお(美塩)を使う場合も、お水を含ませた美容ソルトを肌にのせて数十秒ほど置いた後に、やさしく洗い流します。

詳しくは、うつくしお(美塩)の使い方をご覧ください。

無意識に触らない

肌断食をすると、今までとの肌環境とガラリと変わるため、どうしても肌が気になってしまいます。

お肌が気になるあまりついつい顔を触りがちになりますが、肌に触れることは摩擦や手についた雑菌が刺激になることがあります。

無意識に触れていることが多いので、とくに肌断食初期段階は気をつけましょう。

夜は素肌で就寝

夜は素肌で就寝

夜は、何もつけない素肌で就寝します。

肌は寝ている間に代謝しますので、素肌のまま就寝することで代謝が活性化し、翌朝起きた時は自分の油分でしっとりします。

この毎晩の代謝サイクルが、美肌をつくるうえで何より大切です。

どうしても乾燥が気になる人は、オイルフリーの化粧水(セラミドやアミノ酸程度のシンプルなもの)を少しだけつけるようにします。

肌断食社長

ワセリンであれば、いつでもたくさんつけていいと思われている人がいますが間違いです。

夜にワセリンをつけると毛穴にフタをしてしまい、寝ている間の代謝ができなくなってしまいます。

夜は、なるべく素肌で就寝しましょう。

▼夜から肌断食のはじめ方▼

日中に乾燥を感じる場合はワセリン

日中も何もつけないのがベストです。

しかしながら、日中に乾燥を感じる場合は、ワセリン等の保湿剤をできる限り薄くつけてください。

化粧水、乳液、クリームなどの重ね塗りは、お肌の負担となり、お肌の代謝を低下させる原因となりますので控えます。

もしワセリンの使用感が好まない場合は、馬油を代用してもいいでしょう。

化粧水やクリームなどのスキンケア化粧品を使いたい場合は、1種類だけつけるようにしてください。

▼ワセリンについて詳しくはこちら▼

肌断食では石鹸で落ちるメイクを使う

肌断食では石鹸で落ちるメイクを使う

メイクを使用する場合は、石鹸で落ちる化粧品を選びましょう。

肌断食研究所では、『化粧品の四原則』という化粧品を選ぶ基準があるのでご紹介します。

■化粧品の四原則

  1. 石鹸で落ちる
  2. 合成界面活性剤無添加
  3. ノンシリコン
  4. ノンケミカル(紫外線吸収剤無添加)

四原則に沿った化粧品を選ぶことで、お肌への負担を減らしたり、毛穴詰まりを予防できます。

化粧品の四原則に沿ったファンデーションは、ミネラルファンデーションなどのパウダータイプになります。

紫外線が気になる方は、紫外線散乱剤入りのパウダーファンデーションを選ぶといいでしょう。

▼肌断食のメイクのやり方▼

毛穴悩みがある人

毛穴の黒ずみ、角栓、開きなどの毛穴トラブルは、間違ったスキンケアが原因です。

このページに沿った肌断食を行っていけば、毛穴悩みは解消されていくと思いますが、決してしてはいけないケアがあります。

■決してやってはいけないスキンケア

  • 毛穴パック
  • 収れん化粧水(毛穴用の化粧品)
  • 角栓を抜くこと

毛穴トラブルの始まりは、毛穴の炎症がきっかけになるのですが、これらはすべて毛穴の炎症を悪化させてしまいます。

過剰なスキンケアは逆効果になりますので、余分なケアを引き算していきましょう。

▼毛穴で悩んでいる人はこちら▼

肌断食をはじめてから角栓ができた人

「肌断食をはじめてから角栓ができた」というケースがあります。

これは肌断食が合わないわけでも、やめたほうがいいというサインでもありません。

肌断食をはじめて角栓ができる人の原因は、毛穴詰まりとターンオーバーの乱れです。

毛穴詰まりとターンオーバーの乱れた肌が、急激に肌の環境を変えるとそのギャップに肌はついていけず、バランスを崩してしまいます。

そのため、日中は徐々に化粧品の量を減らすなどして、今までとのギャップが大きくなりすぎないように調整しましょう。

▼角栓で悩んでいる人はこちら▼

ニキビの洗顔方法

ニキビは、毛穴詰まりと皮脂の過剰分泌が原因ですが、洗浄力を落としすぎると過剰に分泌された皮脂が肌に残ってしまい、ニキビを悪化させる可能性があります。

そのため、より慎重になって洗浄力を段階的に落とすことが必要です。

そこで段階的に洗浄力を落とすために、まずは朝晩ともに、メイク落とし石鹸美容ソルトの洗顔料「うつくしお(美塩)」を併用します。

そして、数ヶ月ほど経過してお肌の状態が安定してきたら、朝はうつくしお(美塩)のみにするといいでしょう。

肌断食社長

とくにクレンジングやニキビ用の洗顔料は、非常に洗浄力が強いため注意してください。

洗浄力は、できるだけ緩やかに落としましょう。

▼ニキビに悩んでいる人はこちら▼

男性の洗顔方法

男性は皮脂腺が発達しやすく、皮脂が過剰に分泌しやすくなります。

またメンズコスメブランドの洗顔料は、洗浄力が強いもの多く、皮脂を過剰に落としすぎるため皮脂腺が発達し、悪循環に陥いる人が増えている印象があります。

そのため毎日の洗顔は、今までとのギャップが大きくなり過ぎないように、徐々に洗浄力を落としていきましょう。

肌断食社長

肌断食研究所でも、ここ1〜2年ほど前から男性のお客様が増えてきています。

ちょうどメンズコスメが増えてきた時期と重なっていますので、スキンケアがお肌の負担になってしまっているのでしょう…

肌断食の洗顔まとめ

肌断食は、洗顔がもっとも大切なポイントです。

クレンジングや一般的な洗顔料は、洗浄力が非常に強いため肌の保湿成分まで落としてしまい、肌は潤いを補おうとして皮脂を過剰に分泌するようになります。

その状態で、洗浄力を落としすぎると皮脂が肌に残りすぎてしまい、ニキビや毛穴トラブルなどになる可能性があるので注意が必要です。

肌断食で気をつけるべきことは、今までとの洗浄力とのギャップを大きくし過ぎないことです。

そのため水だけ(ぬるま湯)の洗顔は、ギャップが大きくなり過ぎるためオススメできません。

また、純石鹸は洗浄力が強いため、肌の保湿成分を削ぎ落としてしまいバリア機能を低下させる恐れがあるためオススメできません。

肌断食の洗顔に求める要素は、「必要な潤いを残し、毛穴がきれいにできる洗顔」です。

そこで美容ソルトの洗顔料「うつくしお(美塩)」を使用することをオススメします。

■うつくしお(美塩)の特徴

  1. 塩の浸透圧で、泡では取れない毛穴汚れを取り除く
  2. 美容成分を配合することで肌に必要な皮脂を残してくれる
  3. 6つの無添加で敏感肌の方もやさしく洗顔できる

つまり、うつくしお(美塩)は、肌断食の失敗原因である「毛穴や乾燥」を解決した洗顔料です。

その他、肌断食の洗顔のポイントはこちらです。

  • クレンジングを使用しない
  • 美容ソルトの洗顔を使用する
  • メイク落としは、釜炊き鹸化法の馬油の石鹸を使用する
  • すすぎの温度は30〜33℃のぬるま湯
  • 朝の洗顔は、美容ソルトを使うか水洗いだけにするか肌の調子をみて選ぶ
  • 洗顔は一日2回まで
  • 強くこすらない
洗顔以外の補足ポイントはこちらです。

  • 夜は素肌で就寝
  • 日中に乾燥を感じる場合はワセリンを少しだけ
  • 石鹸で落ちる化粧品を使う
  • 無意識に肌に触れない
肌断食にネガティブな印象をもっている人もいますが、正しい洗顔で肌断食をすると、

  • ツッパリ感や乾燥を感じない
  • 毛穴や角栓に悩まされない
  • 安心して肌断食に取り組める

という効果があります

肌断食が成功するか失敗するかは、肌断食唯一のスキンケアである洗顔が大きく影響します。

肌断食をはじめてみたものの、お肌の状態が良くならないと感じる場合は、洗顔を見直しましょう。

本サイトは、肌断食専門の化粧品会社「肌断食研究所」が執筆しています。

肌断食の成功には、「正しい知識」と「適切な洗顔」が必要なため、肌断食専用の洗顔料「うつくしお(美塩)」と肌断食のサポートサービスをご提供しています。

肌断食がはじめての方は、ぜひコチラからお試しください。

▼お得に試すならコチラ▼
【肌断食専用の無添加洗顔】うつくしお(美塩)