肌断食でニキビは治る!?悪化する原因から使いたくない化粧品まで徹底解説

肌断食は、何をしてもニキビが良くならないという人に、とってもオススメの美容法です。

「ニキビ用の化粧品を使ってもダメ」
「薬に頼っても治らない」
「高校生くらいから10年以上ニキビに悩んでいる」

こんな人には、ぜひ、試していただきたいスキンケアです。

ニキビが治らないという人や、肌断食をはじめたらニキビが大量に発生した人は、間違ったスキンケア(洗顔方法)をしている可能性があります。

そこでこのページでは、ニキビに悩む人の肌断食のやり方や注意点、肌断食をしてもニキビが良くならない人の対処法についてお伝えします。

肌断食社長

ニキビケアのポイントは、『やさしく毛穴をきれいに保つ洗顔法』です。
肌断食研究所の代表の加藤が解説します!

※肌断食をはじめてからニキビが悪化したという人は、『肌断食をしてニキビが悪化した人』のやり方をご覧ください

そもそも肌断食って?ニキビに効果あるの?

そもそも肌断食って?ニキビに効果あるの?

肌断食は、スキンケアなどの化粧品をやめて、素肌本来がもっている力を引き出すことを目的とした美容法です。

肌断食がニキビ対策にオススメの理由は、この3つの効果があるからです。

  1. 毛穴を清潔に保つ
  2. バリア機能を高める
  3. 皮脂や常在菌のバランスを整える

つまり、肌断食によって素肌が本来のバランスを取り戻し、ニキビになりにくい環境を作ることができるのです。

肌断食社長

※注意
ニキビや吹き出物は、まずは皮膚科専門医に診断してもらうことをオススメします。
ニキビは菌が関係していることや、「ニキビではない」症状の可能性もあるからです。

ニキビの原因と発生のメカニズム

ニキビの原因と発生のメカニズム

ニキビの主な原因はこちらです。

  1. 毛穴が詰まること
  2. 皮脂が過剰に分泌されること
  3. 常在菌のバランスが崩れること(アクネ菌の増殖)

毛穴が詰まり、詰まった毛穴に皮脂が溜まって、常在菌のバランスが崩れると炎症が起こり、ニキビになります。

ニキビの原因は、クレンジングや洗顔、化粧品が大きく関係しており、間違ったスキンケアがニキビをさらに悪化させます。

その間違ったスキンケアの代表例が、こちらです。

間違ったスキンケア

クレンジングや洗浄力の強い洗顔料

ニキビには、しっかりと洗顔することが大切と思っていませんか?

実は、洗浄力が強い洗顔やクレンジングを使用することは、ニキビには逆効果になります。

※ニキビ用の洗顔料は、とくに洗浄力が強いので注意してください

洗浄力の強いクレンジングや洗顔を使うと、肌に必要な皮脂や天然の保湿成分まで奪い取ってしまいます。

お肌は保湿成分が失われると、皮脂を過剰に分泌して補おうとするため、ニキビの原因になってしまうのです。

ニキビ用の化粧品

ニキビ用の化粧品(医薬部外品)には、抗菌剤や抗炎症剤が使用されるため、長期的に使用すると常在菌のバランスを大きく崩してしまい、ニキビの悪化につながります。

また化粧品に頼ると、お肌のバリア機能が低下するため、雑菌などへの抵抗力が弱くなり、「慢性的なニキビ肌」になる可能性もあります。

肌断食社長

薬や薬用化粧品は、対症療法です。

大切なことは、根本から改善してニキビにならないお肌を作ることです。
そのためにも、表面的なケアではなく本質的なケアに取り組みましょう!

ファンデーションや化粧下地

リキッドタイプやクリームタイプのファンデーション(化粧下地含む)には、界面活性剤やシリコンが含まれ、バリア機能を低下させたり毛穴詰まりの原因になります。

毛穴詰まりやバリア機能の低下は、典型的なニキビの原因です。

つまり、ニキビで肌荒れしているからといって、お肌をファンデーションで隠すのは、ニキビをどんどん悪循環にする原因になってしまいます。

肌断食の方法『正しいニキビケア』

肌断食のニキビケアでは、けっして外してはいけないポイントがあります。

とくに年中ニキビに悩んでいる人や慢性的になっている人は、今からお伝えすることをすべて実行することをオススメします。

クレンジングをやめる

クレンジングをやめる

まずはじめに、クレンジングの使用をやめましょう。
クレンジングは、メイクを分解するために洗浄力が強い合成界面活性剤が使用されており、肌の保湿因子まで取り除いてしまいます。

そのため素肌は乾燥し、バリア機能が低下します。
バリア機能が低下した肌は、刺激にとても弱く炎症も起こりやすくなるため、ニキビに悪影響になるのです。

やさしい洗顔を使う

やさしい洗顔を使う うつくしお(美塩)

ニキビ予防で大切なポイントは、やさしく毛穴をきれいにできる洗顔を使用することです。

ここで、純石鹸を使って肌断食をしている人に、注意点があります。

純石鹸を使っていればやさしい洗顔ができていると思いがちですが、純石鹸は洗浄力が強く、皮脂を取りすぎる特徴があります。

皮脂を取りすぎると、皮脂が過剰に分泌するようになり、ニキビの原因になるため、純石鹸の使用はオススメできません。

美肌にみちびく洗顔方法は、やさしく毛穴をきれいに保つこと。
『お肌に必要な潤いを残しながら、毛穴をきれいにする洗顔』が、ニキビ予防になるのです。

美容ソルトと美容成分

そこで手前味噌ではありますが、弊社、肌断食研究所が販売する美容ソルトの洗顔料「うつくしお(美塩)」をオススメします。

うつくしお(美塩)は、洗浄成分に美容ソルトを配合することで、界面活性剤無添加を実現しました。
うつくしお(美塩)は、美容ソルトの浸透圧により、泡の洗顔では取れない毛穴の汚れを取り除きます。

また、プラセンタやコラーゲンなどの美容成分を配合することで洗浄の刺激を和らげ、保湿をしながら洗顔できます。

肌断食の成功のために欠かせない、やさしく毛穴を洗浄できることに特化した洗顔料です。
ニキビにお悩みの人にとてもオススメですので、まだご利用でない方は、ぜひ一度ご検討ください。

▼うつくしお(美塩)はこちら▼
肌断食専用の洗顔料「うつくしお(美塩)」

乾燥するときはオイルフリーの化粧水

スキンケア化粧品を見なおす

クリームなどのオイル系の化粧品は、ニキビとの相性がよくありません。

皮脂にオイル系の化粧品が混ざり合い酸化すると、肌への刺激になることはもちろん、雑菌なども繁殖しやすくなってしまうからです。
その他にも、毛穴が詰まってニキビのもとである角栓ができる恐れもあります。

そのため、ニキビで悩む方は、乳液やクリームなどオイル系の化粧品の使用を控えましょう。

乾燥を感じる場合は、オイルフリーの化粧水(セラミド・アミノ酸程度が配合されているシンプルなもの)がオススメです。

はじめはモノ足りなさを感じるかもしれませんが、時間とともに皮脂バランスも整い、天然の保湿成分が増えてくることで徐々に乾燥しなくなってきます。

ワセリンには注意

乾燥を感じたときにワセリンはオススメできますが、ワセリンはニキビとの相性が悪く、悪化してしまうことがあります。

そのため、ワセリンを使っていてニキビの治りが悪いと感じる場合は、何もつけないか、オイルフリーの化粧水(セラミド・アミノ酸程度が配合されているシンプルなもの)に変更することをオススメします。

▼ワセリンについて詳しくはこちら▼

肌断食の乾燥にワセリン「良い?悪い?」メリットから弱点まで徹底解説

メイクはお湯か石鹸で落ちるもの

メイクはお湯か石鹸で落ちるもの

すべての化粧品は、お湯か石鹸で落とせるものを選びます。

ニキビに悩んでいる場合は、できればお湯で落ちるものを選びたいところ。石鹸で落ちるメイクを使う際も、なるべく薄付けにしましょう。

また、オイルフリーかつ界面活性剤フリーのものを選びましょう。
そうすると、使用できる化粧品は、主にパウダータイプになります。

リキッドタイプやクリームタイプなどの液状のファンデーションや化粧下地は、オイルや界面活性剤が使用されていますので使用を控えましょう。

肌断食社長

ファンデーションなどのメイクは、しないに越したことはありません。
メイクをしないでいい日は、何もつけないスッピン肌で過ごしましょう。

【補足】ポイントメイクで表情に華やかさを

ポイントメイクで表情に華やかさを

ファンデーションなどのベースメイクできるだけせずに、ポイントメイクのみにして表情に華やかさを加えることはオススメです。

  • アイシャドー
  • アイブロウ
  • リップ

など、ニキビができにくい箇所のみ、お湯や石鹸で落とせる化粧品を使いましょう。

▼肌断食のメイクについて詳しくはこちら▼

肌断食中にどうしてもメイクをしたい!正しいお化粧とスキンケアとは

日焼け止めを“使わない”紫外線対策

ニキビ肌は、バリア機能が低下していることから紫外線にも弱くなります。
そのため、とくに夏場の外出時は、日傘や帽子、サングラスなどで物理的に紫外線を防ぎます。

日焼け止めは、お肌への負担が大きいため、日常生活では使わないようにしましょう。

しかしながら、レジャーなど日差しに長時間当たる場合などは、日焼け止めが必要です。
日焼け止めは、石鹸で落ちるノンケミカル(紫外線散乱剤入りのもの)を選びましょう。

※紫外線吸収剤は不使用を推奨します

▼紫外線対策について詳しくはこちら▼

肌断食の紫外線対策|日焼け止めを使う基準と選び方

『肌断食をしてニキビが悪化した人』のやり方

『肌断食でニキビが悪化した人』の肌断食のやり方

「ニキビにいいなら」と肌断食を始めたのに、逆に悪化してしまったという声や、中には肌断食を始めてからニキビができたという声もしばしば聞きます。

「肌断食でニキビが改善した」という声がある一方で、なぜ、失敗とも思える声もあるのでしょうか?

肌断食でニキビが悪化した原因は、こちらの2つが考えられます。

  1. 皮脂が過剰に分泌され、毛穴に詰まっている
  2. バリア機能が低下しているため、外部からの刺激に弱く、炎症を起こしやすくなっている

この2つの原因を取り除くことが、肌断食の失敗を防ぎます。
そこで、肌断食でニキビが悪化したときの対処法をご紹介します。

対処法1:過剰に分泌された皮脂を「適度に」取り除く

今まで、クレンジングや洗顔料を使っていた人は、お肌に必要な皮脂まで取り除いてしまっています。
皮脂を取りすぎると、お肌は潤いを補おうとするあまり過剰に出そうとします。

クレンジングや市販の洗顔料を使っていたのに、急に洗浄力が弱い洗顔方法に切り替えると、過剰に排泄された皮脂が肌に残って毛穴に詰まり、ニキビの原因になってしまうのです。

肌断食社長

お水やぬるま湯だけの洗顔をしている人に多いので、ご注意ください!

ニキビ予防の洗顔でポイントになるのは、皮脂を「適度に」取り除くことです。
お肌の潤いを取りすぎても、残しすぎてもいけません。
そこでオススメしたいのが(繰り返しになりますが)、うつくしお(美塩)なのです。

お塩には、天然の洗浄力や抗菌作用もありますので、とくにニキビに悩む方に使っていただきたいと思っています。

朝も、うつくしお(美塩)で洗顔する

朝も、うつくしお(美塩)で洗顔する

ニキビで悩む人は、夜だけではなく朝も美容ソルトの洗顔料「うつくしお(美塩)」を使用することをオススメします。

お肌は寝ている間に代謝し、素肌の油分を出すことで健康な肌に戻りますが、過剰な皮脂が出てしまうことでニキビを悪化させることがあるからです。

そのため朝も、やさしく毛穴をきれいに保てる美容ソルトで洗顔しましょう。

※市販の石鹸や洗顔料は、洗浄力が強くバリア機能を低下させる恐れがありますのでご注意ください

夜は、メイク落とし石鹸を使用する

うつくしお(美塩)は、界面活性剤を使用していないため、洗浄力がとてもやさしいのが特徴です。

そのため今までクレンジングや洗浄力の強い洗顔料(純石鹸など含む)を使用してきた人には、洗浄力の格差が大きくなり過ぎることがあります。

これが、「うつくしお(美塩)を使っていても、ニキビが良くならない」という典型的なパターンです。

そこで、オススメしたいのが、メイク落とし石鹸の併用です。

メイク落とし石鹸は、洗浄力のマイルドな馬油が主原料で、グリセリンなどの保湿成分を残す釜炊き製法のため、肌に必要な潤いを残してくれます。

「メイク落とし石鹸+美容ソルトの洗顔料」の2つのやさしい組み合わせによって、お肌にやさしく毛穴汚れを除去してくれます。

肌断食をはじめてからニキビが悪化した人は、ぜひ、メイク落とし石鹸もご検討ください。

※化粧品を使用していない日も、美容ソルトの洗顔料とメイク落とし石鹸の併用をオススメします

▼メイク落とし石鹸はこちら▼
うつくしお(美塩)メイク落とし石鹸

対処法2:お肌を刺激から守る

ニキビに悩む人や化粧品に頼ってきた人は、バリア機能が低下しています。
バリア機能が低下していると外部からの刺激に弱くなり、ニキビや吹き出物になることがあります。

とくに、無意識に与える3つの刺激に気をつけましょう。

  1. 肌をさわらない
  2. 肌をこすらない
  3. 特別なケアをしない

ニキビや吹き出物の注意点は、お肌を気にするあまり無意識に触ってしまうことです。
肌に触れることは、バリア機能を低下させたり、手についた雑菌が炎症を起こす原因となります。

その他、ファンデーションなどのお化粧をする際にも、ニキビや毛穴を隠そうとついつい厚塗りをしてしまい、お肌を擦ってしまいがちです。
お肌を擦ることも、ニキビを悪化させる原因になりますので、お化粧もなるべくパウダーファンデを叩く程度にしましょう。

肌断食社長

【注意】「ニキビにいいだろう」と思ってしているケアは、ほとんどの場合マイナスになります。
とくに、「角栓を抜く」ことは、お肌に大きな負担となりニキビが悪化しますので絶対にやめてください。

お肌は「手をかければかけるほど、期待を裏切る」と考えていただき、足すのではなくて、引き算の考え方をスキンケアに取り入れましょう!

もう一度、上記の肌断食の方法『正しいニキビケア』ができているかも、見なおしましょう。

【重要】肌断食の前に生活習慣は大丈夫?

【重要】肌断食の前に生活習慣は大丈夫?

ここまでは、外的な要因によるニキビ対策をお伝えしましたが、ニキビは内的な要因が関わっていることが多く、肌断食などのスキンケアだけでは根本的な解決に至らないことがあります。

いくら肌断食をがんばっても、生活習慣が乱れていると肌に良い影響は与えません。
根本から改善するためにも、生活習慣も意識するようにしましょう。

肌断食社長

肌は、体内の状態をあらわすバロメーターです。
体内がきれいだからこそ、お肌もきれいになります。

「生活習慣の改善はスキンケアである」と考えましょう!!

食生活

一時的なニキビも慢性的なニキビにも共通して言えることは、まずは食生活の見なおしです。

食事は、野菜や魚を中心にして、動物性の脂や糖質は控えめにしましょう。
チョコレートやスナック菓子なども控えます。

口に入れたものが、血液を通じて栄養として各細胞に運ばれます。毎日の食事がお肌を作りますので、美肌になるためには中からキレイを心がけましょう。

適度な運動で発汗を

適度な運動は、血行を促進し発汗を促します。
ニキビは、毛穴詰まりが大きな原因ですから、発汗により毛穴の通りが良くなることは有効なニキビケアになります。

化粧品に時間やお金をかけるのではなく、内面から美しくなることに費やしましょう。

十分な睡眠

睡眠不足は、身体の疲れとともに老廃物が溜まります。
お肌は体調が出ますので、十分な睡眠時間を確保しましょう。

ストレス解消

ストレスが溜まるとイライラだけでなく、ニキビになることを経験している人も多いはずです。

病は気から。
休みの日などは、趣味など好きなことをしたりしてストレスを発散する日を設けましょう。

おでこやフェイスライン、背中のニキビ

おでこやフェイスライン、背中のニキビ

おでこやフェイスライン、背中ニキビに悩む人は、シャンプーやトリートメント、ボディーソープの使用もやめることをオススメします。

なぜなら、これらに含まれる界面活性剤がバリア機能を低下させ、ニキビの原因になるからです。

肩や背中、おでこやフェイスラインは、どうしてもシャンプーやトリートメントなどが流れてしまいます。

肌断食と同時に、お湯だけで洗髪する「湯シャン」も取り入れていくといいでしょう。

しかしながら、頭皮は毛穴の汚れが多いため、お湯だけの洗髪では脂漏性皮膚炎になる心配もあります。

そこで弊社では、美塩(うつくしお)の全身用を、頭皮へ使用することをオススメしています。
ニキビ予防だけではなく、美容ソルトの浸透圧で毛穴がきれいになると、髪にハリやコシ、ツヤもでますので、美容効果は一石二鳥です。

お客様の声

10代からニキビに悩まされ…


病院へ通ったり、ニキビに良いスキンケアを使ったり、エステに通ったり、体にいいし食事・サプリを摂るようにしましたが、すっきり治ることはなく、常にニキビがある状態でした。

LINEで相談をして、体のニキビはシャンプーやボディソープの影響もあるかもと教えていただき、すぐに両方やめました。

髪は数日かゆくなったりもしましたが、すぐに慣れました。
背中、胸にできるニキビも良くなりました。

お手入れが楽になって節約できて、ニキビもできなくなって、肌の調子も心も良くなってます。
肌断食に出会えてよかったと思います。

(神奈川県・38歳)

全文はこちら

肌断食はニキビだけじゃない!ニキビ跡も目立たなくなりました!


美塩(うつくしお)を使い始めて1ヶ月足らずですが、長年悩んでいたニキビ跡 ”クレーター”が目立たなくなってきました!!

20歳のころ、大量のニキビで顔が真赤になり、直後はアトピーで顔がカサカサ…
薬の副作用で腫れあがったりもしました。

そんな私でも、少しずつですが、指触りがよくなってきてて、この歳40才になっても、良くなるもんなんだ!!と20年ぶりに期待がもてます。

これからも美塩(うつくしお)をずっと、使い続けようと思います。
一生ものの出会いでした。

(宮城県・42歳)

全文はこちら

まとめ

ニキビケアに必要な要素はこちらです。

  • 毛穴を清潔に保つ
  • バリア機能を高める
  • 皮脂や常在菌のバランスを整える
具体的なニキビケアはこちら。


  • クレンジングをやめる
  • 美容ソルトで洗顔する(適切な洗顔をする)
  • ニキビ用の化粧品は長期間使用しない
  • オイル系の化粧品(乳液やクリーム)は使用しない
  • ワセリンも要注意
  • 乾燥を感じる場合はオイルフリーの化粧水をつける
  • メイクはお湯か石鹸で落ちるものを選ぶ
  • 紫外線対策は、日傘や帽子など物理的に防ぐ

さらに、フェイスラインや背中のニキビに悩む場合は、シャンプーやトリートメント、ボディーソープの使用を控え、湯シャンか、シャンプー代わりに美容ソルトを使用します。

その他、ニキビケアに何より大切なのは、日々の生活習慣です。

  • バランスのいい食事
  • 適度な運動
  • 十分な睡眠
  • ストレス解消

これらの生活習慣が整ってこそ、素肌の力を活かすことができますので、必ず肌断食と同時に見なおしましょう。

最後に、ニキビは菌が関係することや、ニキビではなかったということもあります。
自己判断せずに、皮膚科専門医に診断してもらいましょう。
本サイトは、肌断食専門の化粧品会社「肌断食研究所」が執筆しています。

肌断食の成功には、「正しい知識」と「適切な洗顔」が必要なため、肌断食専用の洗顔料「うつくしお(美塩)」と肌断食のサポートサービスをご提供しています。

肌断食がはじめての方は、ぜひコチラからお試しください。

▼お得に試すならコチラ▼
スターターキットコース初回500円