【決定版】肌断食で毛穴レス!黒ずみ改善と毛穴を小さくする方法

誰しも憧れる『赤ちゃんのようなツルツルの毛穴レス』な肌。

「毛穴が目立つから、小さくしたい…」
「小鼻の黒ずみや角栓が、気になる…」

そんな方は、肌断食で毛穴レスを目指すのがオススメです。

しかしながら、むやみに自己流の肌断食を行っても毛穴の悩みは改善されず、逆に間違った方法であれば毛穴を悪化させてしまいます。

毛穴改善につながる肌断食は、

  1. 毛穴に詰まりやすい化粧品をやめること
  2. 肌への刺激を無くすこと
  3. 必要な潤いを肌に残し、毛穴汚れが取れる洗顔をすること

この3点を踏まえて行うことで、はじめて効果を発揮します。

そこでこのページでは、毛穴トラブルの原因から毛穴レスになるためのポイント、効果を実感できるまでの期間などをお伝えします。

肌断食社長

化粧品やスキンケアに頼っていては、いつまで経っても毛穴は良くなりません。
正しい肌断食でノーファンデ美肌を目指しましょう!

肌断食研究所代表の私、加藤が解説します!

すでに肌断食を行っていて毛穴が改善されない人は、肌断食で毛穴が悪化する!?をご覧ください。

肌断食は毛穴悩みに効果抜群

肌断食は毛穴悩みに効果抜群

肌断食とは、化粧品やスキンケアに頼るのではなく、素肌本来がもっている力を活かし、素肌の美しさを中から引き出す美容法です。

結論からお伝えしますと、肌断食は毛穴トラブルに大変オススメです。

■こんな毛穴悩みにオススメ

  • 毛穴に詰まった角栓
  • 毛穴の黒ずみ
  • 毛穴の開きやたるみ
  • 毛穴詰まりからのニキビ

etc..

さまざまな毛穴トラブルがありますが、「化粧品では毛穴が改善されない」という人は、肌断食の効果が期待できます。

なぜなら毛穴悩みの多くは、化粧品が原因で、肌断食によって素肌本来の姿を取り戻すことができるからです。

肌断食社長

毛穴改善の第一歩は、悪化の原因を知ること。
わかりやすくご説明しますね!

毛穴トラブルの原因は化粧品?

毛穴トラブルの原因は化粧品?

肌をきれいにするはずの化粧品が、肌トラブルを引き起こすなんて信じられないかもしれません。

しかしながら、化粧品に含まれる合成界面活性剤やシリコンが、毛穴悩みの原因になっていることがよくあります。

化粧品には、毛穴に詰まりやすい成分や肌への負担が大きいものがあり、

  • 毛穴が詰まり、角栓になる
  • 毛穴に炎症が起こり、黒ずみになる
  • 皮ふが薄くなることで、毛穴が目立つようになる

という悪循環になってしまいます。

スキンケアで大切な考え方は、肌トラブルになる原因を取り除くことです。

上から足すのではなく、刺激や負担となっている化粧品を削ぎ落とす「引き算のお手入れ」が、毛穴悩みの改善につながります。

毛穴の黒ずみの原因

毛穴が黒ずむ原因はいくつかあります。

  • 毛穴詰まり
  • 毛穴周りの炎症
  • 毛穴周りの色素沈着

毛穴の黒ずみは、毛穴が詰まることだけが原因ではありません。

化粧品に含まれる界面活性剤や防腐剤などが肌への刺激になり、毛穴周辺が炎症を起こすことも大きな原因です。

ここで決してやってはいけないことは、

  • 洗浄力の強い洗顔料やクレンジングを使うこと
  • ファンデーションでしっかりカバーすること
  • 過剰なスキンケア

です。

これらは炎症をさらに悪化させてしまい、最悪の場合、黒く色素沈着させてしまう可能性があります。

肌断食社長

毛穴の黒ずみの原因が毛穴の炎症と知らず、強い洗浄力のクレンジングを使ったりスキンケアを頑張ると、さらに炎症し黒ずんでしまいます。

肌断食の第一人者である医師の宇津木龍一先生も、著書で警告していますよ。

毛穴などが炎症を起こして赤くなる症状をくりかえして慢性化すると、かならずメラニンが増えるので、肌が茶色くなります。

クリームの類を多く使ってきた人の肌をマイクロスコープでみると、ほとんどすべての毛穴のまわりに炎症があります。

毛穴詰まり(角栓)の原因

毛穴詰まり(角栓)には、ターンオーバーの乱れや皮脂の過剰分泌など内部要因があり、見逃せないのが化粧品詰まりです。

多くの化粧品には、水にも油にも溶けない成分が配合されており、そのひとつがシリコンです。

毛穴に詰まるシリコン

シャンプーやリンスで、ノンシリコンという言葉は聞いたことがあると思いますが、シリコンはクリームや美容液などのスキンケア化粧品や、ファンデーションなどのメイクにも配合されています。

溶けない成分のため、毛穴に入り込むとクレンジングや洗顔で取り除くことが難しく、毛穴に詰まります。

さらに、クレンジングや洗浄力の強い洗顔を使ってしまうと毛穴にダメージを与えると同時にターンオーバーが乱れてしまい、剥がれ落ちるはずの老化角質が毛穴に詰まり、角栓が慢性的になってしまうのです。

毛穴の開きの原因

毛穴の開きの原因

毛穴が開いてしまうのは、毛穴詰まりや皮脂の過剰分泌などが関係しており、その原因は主にこちらの3つです。

  • 洗いすぎ
  • こすりすぎ
  • 毛穴パック
とくに顔の毛穴は、体の毛穴に比べて皮脂線が見えやすく、発達すると毛穴が開いて見えます。

クレンジングは、必要な皮脂を奪いすぎて乾燥がすすみ、乾燥を補おうとして皮脂腺が発達し毛穴が目立つ原因になります。

毛穴を気にするあまり、ゴシゴシこすったり、洗い過ぎも毛穴を広げますので注意しましょう。

毛穴が目立つ原因

毛穴が目立つ原因は、とても根深い問題です。

なぜなら、皮ふが薄くなることで毛穴が目立ってしまうことが大きな原因だからです。

皮ふが薄くなっている人は、ファンデーションやコンシーラーの厚塗りをしていたり、スキンケアを頑張ってきた人に多く、次のようなルートをたどっています。

1.ターンオーバーが乱れる

ターンオーバーが乱れる

化粧品を過剰に使用すると、ターンオーバーが乱れます。

ターンオーバーとは、肌表面の角質がはがれ落ち、肌の奥で新しい細胞を作りだすという、健康な肌を維持するための代謝サイクルです。

クリームなどをベットリと塗っていると角質がはがれ落ちないため、新たな細胞を作り出せなくなってしまい、ターンオーバーが乱れてしまいます。

2.皮ふが薄くなる

ターンオーバーが乱れると、肌の保湿成分が不足した未熟な角質になってしまいます。

未熟な角質が広がると、皮ふ全体が徐々に薄くなります。

本来は、角質層に保湿成分が満たされることでふっくらとしたキメができ、毛穴はキメで隠されるため目立ちません。

しかしながら皮ふが薄くなると、本来、見えにくいはずの毛穴が晒されてしまい目立ってしまうのです。

肌断食社長

皮ふが薄くなると毛穴が目立つだけではなく、シワやシミにもなりやすいので注意が必要です。

年齢によって肌に元気がなくなるのではなく、化粧品によってお肌の力がどんどん衰えてしまっていることを疑いましょう!

遺伝という説もあるがマレ

毛穴の大きさは、遺伝によって決まるという説もあります。

しかしながら肌断食研究所の経験では、「肌断食で毛穴が目立たなくなった!」というお声を多数いただくことから、遺伝によって毛穴が目立ってしまう人はマレなケースであると予想しています。

なかには「どうしようもない」ということもあるかもしれませんが、化粧品を使っていれば例外なく毛穴を悪化させている原因があります。

心当たる原因がないか、当ページをチェックしましょう。

肌断食で毛穴レスに

肌断食とは、化粧品に頼らないことで、素肌本来の力を引き出す美容法です。

素肌の力を信じ、素肌そのものの力を引き出すことで、健康で美しい素肌を目指します。

スキンケアで大切なことは、肌の負担を引き算すること。

化粧品に頼らないことでバリア機能が高まり、ふっくらとしたキメができることで毛穴が目立たない美肌が作られます。

肌断食社長

ぜひ、素肌の力を信じてください。

毛穴レス肌になるために、肌断食のやり方をご紹介します!

オススメのやり方は「夜だけ肌断食」

オススメのやり方は「夜だけ肌断食」

化粧品に頼っている人は、お肌の代謝が低下しています。

そのためはじめは夜だけ何もつけない、「夜から肌断食」からはじめることをオススメします。

なぜなら、お肌は寝ている間に代謝するため、夜に何もつけていない素肌の状態を作ることで肌が活性化するからです。

また、代謝が低下した状態ですべての化粧品をやめると、肌が激しく乾燥し、乾燥した角質が毛穴に詰まることで角栓ができる恐れもあります。

そのため日中はムリをせず、昼間の化粧品は徐々に減らしましょう。

クレンジングをやめる

肌断食ではクレンジングをやめる

肌断食では、はじめにクレンジングをやめます。

クレンジングの洗浄力はとても強力で、メイクを落とすだけでなく、肌の保湿成分である天然保湿因子(アミノ酸)や細胞間脂質(セラミド)まで削ぎ落としてしまうからです。

クレンジングが、肌の素晴らしい構造を壊してしまい、毛穴の炎症やターンオーバーの乱れを引き起こします。

つまり、毛穴の黒ずみや開きの原因になっているのです。
毛穴ケアのファーストステップとして、クレンジングをやめましょう。

【重要】肌断食の洗顔

肌断食専用の美容ソルトの洗顔「うつくしお(美塩)」

肌断食で、もっとも重要なポイントは洗顔です。

肌断食の成功に必要な要素は、

  • 毛穴をきれいに保つこと
  • 肌に必要な潤いを残すやさしい洗顔

の2点です。

しかしながら、市販の洗顔料には界面活性剤が使用されており、洗浄力が強いものが多いため、素肌の保湿成分まで削ぎ落としてしまいます。

また化粧品には、シリコンなどの溶けない成分が使われるため、泡の洗顔料では毛穴の詰まりが取り除けません。

そこで肌断食研究所では、美容ソルトの洗顔料うつくしお(美塩)をオススメしています。
■うつくしお(美塩)の3つの特徴

  1. 美容ソルトが配合されており、泡洗顔では取れない毛穴の汚れを塩の浸透圧で引っ張り出す
  2. 界面活性剤を使用していないため、洗浄力が非常にやさしい
  3. プラセンタやコラーゲンなどの美容成分も配合されており、肌への刺激を和らげながら必要な潤いを残す

つまりうつくしお(美塩)は、肌断食のポイントである「肌に必要な潤いを残すやさしい洗浄」と「毛穴をきれいに保つ」ことができる洗顔なのです。

▼「うつくしお(美塩)」はコチラ▼
肌断食専用の洗顔料「うつくしお(美塩)」

肌断食のメイク

肌断食のメイク

肌断食では、ノーファンデ美肌を目指しますが、はじめはファンデーションなどの化粧品に頼りたい人がほとんど。

そこで化粧品を使用する場合は、肌にやさしいものを選びます。

肌へ負担をかけないように、毛穴に詰まりにくく、刺激の少ない「化粧品の四原則」に沿ったものを使いましょう。

■化粧品の四原則

  1. 石鹸で落ちる
  2. 合成界面活性剤無添加
  3. 紫外線吸収剤無添加(ノンケミカル)
  4. ノンシリコン

四原則に沿ったファンデーションであれば、 ミネラルファンデーションなどのパウダータイプとなります。

パウダータイプのファンデーションには、紫外線散乱剤(ノンケミカル)が配合されているものも多いため、お肌へ負担をかけずに日焼け止め効果もあります。

決して、リキッドファンデーションやクリームタイプのファンデーション、BBクリームなどは使わないようにしましょう。

なぜなら液体状のファンデーションの多くには、合成界面活性剤だけでなく、毛穴に詰まりやすいシリコンも配合されているからです。

さらに化粧下地も、リキッドファンデーションと成分がほぼ同じものが多いので使用せず、下地はワセリン(馬油)を代用しましょう。

メイク落としはやさしい石鹸

肌断食のメイク落としは、”釜炊き鹸化法で作られた馬油の石鹸”を選びます。

■”釜炊き鹸化法で作られた馬油の石鹸”の特徴

  • 馬油は、人間の皮脂に近いため肌にやさしく、洗浄力がマイルド
  • 釜炊き鹸化法は、石鹸の中にグリセリンなどの保湿成分が残るため、洗い上がりの乾燥を防ぐ

肌断食は、洗顔後にスキンケア化粧品を使わないため、やさしくメイクオフすることも大切なポイントです。

気を抜くことなく、メイク落としまでこだわりましょう。

▼メイク落とし石鹸(馬油)▼
▼石鹸についてのミニ知識▼
■Key point 1
純石鹸は、やさしい洗浄と思いがちですが、洗浄成分のみで作られているため「洗浄力はとても強い」のが特徴です。

そのため純石鹸は、バリア機能を低下させる恐れがあるためオススメできません。

■Key point 2

市販の石鹸の主成分は、牛脂・ヤシ油・パーム油が多く、これらは泡立ちが非常にいい反面、洗浄力が強いという特徴があります。

泡立ちのよさは、洗浄力の強さとある程度比例します。
「泡立ちがいい=洗浄力が強い」ということを覚えておきましょう。

乾燥したらワセリン

乾燥したらワセリン

乾燥する場合はムリをせず、ワセリンをつけましょう。

ワセリンをオススメする理由は、肌への刺激がない保湿剤だからです。
ワセリンの使用感を好まない場合は、馬油を代用します。

つける量は、乾燥する部分のみに必要最小限の量にします。

バリア機能が高まって乾燥しなくなるにつれて、つける量を減らしましょう。

肌断食社長

時間とともにバリア機能が高まりターンオーバーが正常化すると、肌にはふっくらとしたキメができるため、毛穴が目立たなくなりますよ。

注意点

ここまでお伝えしたことは、肌断食を成功させるための方法ですが、決してしてはいけないことがあります。

■肌断食でしてはいけないこと

  • 肌をこすらない
  • 洗顔しすぎない
  • 収れん化粧水(毛穴用化粧品)を使わない
  • 毛穴パックはしない
  • 肌に触れない(無意識にも!)

これらは、毛穴を気にしている人がやってしまいがちな間違いです。
すべて肌の負担になり、毛穴を悪化させる原因になります。

とくに肌をこすったり、収れん化粧水(毛穴用化粧品)や毛穴パックなどは、毛穴に炎症を起こし、毛穴を悪化させる代表例です。

また、洗顔の回数も、朝晩の一日2回までにしましょう。
やみくもに回数を増やせばキレイになる、なんて単純なものではありません。

洗顔のやりすぎは、バリア機能の低下につながり、毛穴の改善にはならないのです。

肌断食社長

無意識に肌に触れてしまうことも注意してください。
手についた雑菌が、毛穴の炎症につながるからです。

毛穴トラブルは、悪循環に陥ると改善に長い時間がかかりますので、とにかくマイナス要因を引き算しましょう!

効果が出る期間

早く効果を実感しやすい人

1週間〜数週間程度の早期に毛穴悩みが改善される人は、『今まで化粧品に頼ってきていない人』です。

スキンケアは化粧水のみだったり、メイクはナチュラルメイクの薄化粧。

このような人は、毛穴をきれいに保つだけで毛穴が目立たなくなります。

美容ソルトの洗顔料うつくしお(美塩)を使い、このページをチェックするだけでいいでしょう。

通常はまず半年

正直なことをお伝えしますと、数週間という短期間で毛穴が改善される人は少数派です。

なぜなら肌断食にたどり着く人は、過剰なケアで毛穴が悪化していたり、ターンオーバーが乱れているなど、肌の根本からの改善が必要なことが多いからです。

肌断食研究所では、最低でも半年間は続けることを推奨しています。

『正しい肌断食』を半年ほど続ければ、バリア機能も回復し、少しずつ毛穴も目立たなくなるでしょう。

肌断食で毛穴が悪化!?角栓ができた場合

肌断食で毛穴が悪化する!?

肌断食をはじめてから、角栓ができる人がいます。

ネット上では、「好転反応だから」とか「いつまで続くの?」という口コミが目立ちます。
※好転反応には科学的根拠がなく薬機法に抵触する表現のため、好転反応について記載されているサイト等は参考にしないことをオススメします

肌断食によって「毛穴が改善した」という人も多い中、肌断食をはじめて角栓ができる人は何が違うのでしょうか?

肌断食をする前

角栓の根本原因は、クレンジングや化粧品によってお肌にダメージが蓄積されたためで、下記のようなルートをたどって角栓になります。

  1. クレンジングや洗顔料によって、肌の保湿成分が取られて乾燥する
  2. スキンケア化粧品で潤いを補う
  3. 肌は自ら保湿成分が作り出せなくなる
  4. 素肌は乾燥しターンオーバーが乱れる
  5. ターンオーバーの乱れによりキメがなくなり、皮膚が薄くなる

多くの方が上記のような状態になっていても、スキンケア化粧品でなんとか取り繕っています。

肌断食を開始後

肌断食をする前の肌は、健康な素肌のバランスが崩れているため、肌断食をすると次のような状態に陥ります。

  1. 肌断食を行うが、素肌の保湿成分が不足しているため乾燥する
  2. 乾燥を補おうと皮脂が過剰に分泌される
  3. ターンオーバーの乱れから、毛穴の皮脂や角質が排出されずに詰まる
  4. 皮膚が薄くなっているため角栓が目立つ

つまり肌断食初期の角栓は、今までのスキンケアやメイクなどの肌習慣と、肌断食によるギャップによって発生しているのです。

逆に、化粧品にあまり頼っていない肌は、早期に皮脂バランスが整いターンオーバーも正常化するため、角栓になりにくくなります。

もし、肌断食をはじめて「乾燥が酷い場合」や「角栓が目立ちはじめた」ら、ワセリンや馬油などで保湿をしながら、徐々にスキンケアの量を減らすようにしましょう。

毛穴がよくならないパターン

肌断食をはじめたばかりの人

肌断食をはじめたばかりの人が、

「毛穴が目立つようになった」
「毛穴が開いたように感じる」

と仰ることがあります。

肌断食をはじめてから毛穴が悪化したように感じるのは、肌断食が原因でありません、

毛穴が悪化したように感じるのは、化粧品によってカモフラージュされていた毛穴の本当の姿が、肌断食によって現れたからなのです。

しかしながら、落ち込む必要はありません。

肌は少しずつ本来の力を取り戻しますので、まずは半年間を目標に肌断食に取り組みましょう!

肌断食をはじめて数ヶ月以上経過した人

数ヶ月以上経過しても変化を感じないという場合も、肌断食に効果がないと考えるのは早計です。

角栓や毛穴の黒ずみ、毛穴の開きなどは、どんな美容法であれ時間がかかります。

美容クリニックでの治療であっても、1年以上の時間を必要とするものや、大きな成果が見込めないことも多々あるくらいです。

インターネットなどで、短期間のうちに

「毛穴が目立たなくなった」
「毛穴が小さくなった」

などの口コミをよく見かけると思います。

肌断食研究所のお客様からも喜びのお声をいただきますが、短期間で効果が出たという声は少数派です。

通常、毛穴トラブルは、半年ほどは時間が必要と覚えておきましょう。

半年〜1年以上経過した人

半年〜1年以上、毛穴が改善されないという場合は、肌断食を見なおしましょう。

正しい肌断食ができていなかったり、何かがお肌の負担になっている可能性があります。

その中でも、とくに毛穴が悪化する原因はこちらです。

  • 化粧品の四原則に沿っていない
  • 肌を擦っていたり、無意識に触れている
  • 特別なケアをしている(角栓を抜くのは最悪!!)

毛穴が改善されないお客様にヒアリングをすると、

「以前よりもスキンケア化粧品は減らしたけど、まだ複数のスキンケア化粧品を使っている」

「ファンデーションは使っていないけど、毎日、日焼け止めと化粧下地をつけている」

ということが発覚することがあり、根本的には以前と何も変わっていないことがあります。

なかには、ご法度であるクレンジング(メイク落とし)を使用しているという人までいます。

そんなやり方では、いつまで経っても毛穴レスにはなりませんので、正しい肌断食を行いましょう。

肌断食社長

「美肌にはスキンケアが必要」という固定概念があると、「たっぷりと保湿しないで大丈夫かな?」と、不安になる気持ちも分かります。

しかしながら、それでは根本改善につながりません。

少しずつ自分のペースでいいので、お肌への負担を減らしてくださいね。

▼肌断食完全ガイド▼

不安な人はこのページをチェックするのもオススメ

肌断食のよくある質問

肌断食のよくある質問

Q.肌断食で毛穴が悪化しませんか?
A.悪化する心配はありません
しかしながら、間違った方法で行っている場合は悪化する可能性があります。(たとえば毛穴パックをしていたり、洗浄力の強い石鹸を使っているなど)
また、一時的に角栓ができることはありますが、お肌の環境の急激な変化が原因で肌断食が悪いわけではありません。
角栓ができた際は、保湿の量などを徐々に減らし、肌断食のペースを緩めます。
バリア機能が高まってターンオーバーが整うにつれて、徐々に角栓が目立たなくなります。
Q.毛穴ケアには保湿が大切と聞きましたが…
A.化粧品に頼れば頼るほど、毛穴悩みが深くなります
毛穴トラブルの多くは、化粧品による毛穴詰まりや毛穴の炎症、ターンオーバーの乱れなどが原因です。
そのため、いろいろな化粧品を試してきた人ほど毛穴に悩みます。
肌には天然の保湿成分が備わっているため、十分な保湿成分が作られるとふっくらとしたキメができるようになり、毛穴は目立ちません。
しかしながら過剰な保湿は、素肌の保湿成分を生成するサイクルを狂わせてしまい、その結果、皮ふが薄くなることで毛穴が目立ちやすくなります。
Q.「肌断食はやめたほうがいい」ってネット上にあるけど…
A.化粧品会社や美容家のポジショントークではありませんか?
「肌断食は嘘」「効果がない」などという記事を書き、美肌を保つためにはスキンケア化粧品が必須であると主張するのは、化粧品や美容サービスを販売したい思惑が隠されています。
しかしながら、健康な素肌作りには化粧品は必要ありません。むしろ悪化します。
このように言い切れる理由は、素肌にはバリア機能やターンオーバーなど、自ら健康で美しく保つ機能が備わっているからです。
素肌がもつ機能を否定したり、健康で美しい肌になるには化粧品が必要と主張することは、皮膚生理を考えるとムリがあります。
肌断食とは今までなかった発想の美容法であり、肌断食が広まると不都合な立場の人がいます。
そのため、ある程度の批判はこれからも続くかもしれません。
美肌作りに大切なことは、本質的なスキンケアです。私たち肌断食研究所は、これからも肌断食で美肌を目指す人をサポートし、応援します。

【口コミ】お客様の声

肌断食を始めて肌がツルツル!!

「肌断食」という言葉をネットでよく目にするようになり、気になって訪ねてみたら肌断食研究所のサイトで、塩の洗顔で他の化粧品がいらなくなるとのこと。

ズボラな私には楽したいな〜とか、化粧品代浮かしたいなとの思いもあり、半信半疑でまずはサンプルを請求。

私は鼻の毛穴をどうにかしたいと思い、いろいろな化粧品を試したものの、満足いくものがなく…

でも、この肌断食研究所の洗顔した翌朝、顔全体が『ツルッツル』に!
(もちろん鼻の頭も)

この洗顔をして、しばらくはすべての化粧品を止めることはできず少しの化粧水を付けてましたが、つける回数を徐々に減らしていき、今ではまったく必要なくなりました!

(使用約7ヵ月)真冬でも乾燥はあまり感じなかったです。
肌断食を始めてからは肌がツルツルしてて、何度も触って(笑)実感してました。

新潟県・42歳女性

肌がクリアになり毛穴も目立たなくなりました

うつくしお(美塩)を使いはじめる前は、ニキビと毛穴に悩んでいました。
塩による洗顔ということで、毛穴の引き締め効果を期待して使い始めました。

顔になじませて落とした後、とてもしっとりしてさらに驚きました。

化粧水や乳液を使った後の肌の感じと違い、ベタつかずすっきりしているのにしっとりしているなんて、初めての体験でした。

その後、化粧水や乳液をつけなくても、しっとりした肌が続きました。

最初の冬は少し乾燥が気になりましたが、使い続けることが大切であることを知り、使い続けました。

最近では、肌がクリアな感じになった気がします。
毛穴も目立たなくなってきました。

手で触ってもザラザラするところが減り、さらさらとした肌になってきています。
ニキビもぐっと減りました。

私と同じように毛穴に悩んでいる人には、とくにオススメかなと思います。
私はファンデーションの圧迫された感じがあまり好きではないので、肌断食で素肌を活かした生活ができるのもうれしいです。

いろいろなスキンケアを試して効果がない、なかなか肌が改善されないということであれば、ぜひ一度挑戦してみて判断いただくとよいのではないかと思います。

東京都・32歳女性

まとめ

肌断食は、毛穴悩みにオススメです。

■こんな悩みにオススメ

  • 毛穴に詰まった角栓
  • 毛穴の黒ずみ(毛穴の炎症、色素沈着)
  • 毛穴の開きやたるみ
  • 毛穴詰まりからのニキビ

etc..

毛穴悩みの原因は、主にこちらです。

  • 洗浄力の強い洗顔料(石鹸)
  • ファンデーションなどのメイク
  • 過剰なスキンケア
  • 肌の摩擦
  • 毛穴パック
  • まれに遺伝

また、バリア機能が低下し、ターンオーバーが乱れることで角質層に十分な保湿成分が作られなくなると、皮ふが薄くなり毛穴が目立ちやすくなります。

そこで、肌断食によって素肌の力を引き出し、素肌に備わった保湿成分を蓄えることで、ふっくらとしたキメを作り、毛穴レスな素肌を目指します。

■肌断食のやり方

  • 夜何もつけないことからはじめる
  • クレンジングは使わない
  • 洗顔は“うつくしお(美塩)”を使う
  • メイク落としは、釜炊き鹸化法の馬油の石鹸を使う
  • メイクは四原則に沿ったものを使う
  • 日中乾燥したらワセリン(馬油)を必要最小限の量を塗る
■してはいけないこと

  • 肌をこすらない
  • 洗顔しすぎない
  • 収れん化粧水(毛穴用化粧品)を使わない
  • 毛穴パックはしない
  • 肌に触れない(無意識にも!)
効果が期待できるまで期間は、半年から1年ほど必要です。

数週間で「毛穴が小さくなった!」という声もありますが、実際は少数派であり、お肌の状態によって変わります。

肌断食は時間をかけて行うことで、素肌にふっくらとしたキメができて毛穴も目立たなくなります。

長く続けて効果を実感できるよう、正しい肌断食を焦らずに行いましょう。

肌断食社長

以上、肌断食で毛穴レスになる方法でした!

ぜひ、騙されたと思って、“うつくしお(美塩)”を使って肌断食を行ってみてください。
私たちが、全力でサポートし応援します!!

本サイトは、肌断食専門の化粧品会社「肌断食研究所」が執筆しています。

肌断食の成功には、「正しい知識」と「適切な洗顔」が必要なため、肌断食専用の洗顔料「うつくしお(美塩)」と肌断食のサポートサービスをご提供しています。

肌断食がはじめての方は、ぜひコチラからお試しください。

▼お得に試すならコチラ▼
【肌断食専用の無添加洗顔】うつくしお(美塩)