肌断食でトラブル多発!?ザラザラ角栓が発生したときの正しい対処方法とは?

肌断食を始めたら顔中に角栓が目立つようになってしまった!と悩む方も多いと思います。角栓ができる仕組みと、対処法、やってはいけない毛穴ケアなどをご紹介していきます。のりきって角栓を解消し、美しい素肌をゲットしてください!

肌断食をはじめたら角栓だらけに!

健康な素肌を取り戻すことができる肌断食。スキンケアを減らしたり、使わない!という思いきった決断をしたのに、顔を見たら角栓だらけになってしまった!!と驚くこともあると思います。

結論から言うと、角栓を取り除くことをしてはいけない!というのが肌断食の観点からみた正解です。
では、なぜ角栓を取り除くことをおすすめしないのでしょうか…?その理由と対処法についてまとめました。

肌断食を始めるとなぜ角栓(モサ)ができるのか

角栓とは、退化した毛や皮脂腺の一部や、垢としてはがれそこなった角質細胞などが、毛穴の中で固まってしまったものをいいます。

肌の毛穴に白いニョロニョロとして居座ったり、黒くざらざらするなど、見た目にも良くなく悩みの元ですよね。

肌断食を始めることでなぜ角栓が目立つようになるのか、メカニズムを図で解説すると…
角栓が目立つようになるメカニズム

肌のターンオーバーの力

角栓はもともと肌に存在しているものです。

肌断食を始めたことで角栓が目立つ場合、「表皮が薄く目立つような肌になってしまっている」ことがあげられます。

素肌が健康な肌は、ふっくらとしたキメが存在します。肌表面の角質がビシッとキレイに整っていると、その豊かな厚みで角栓が見えにくくなります。

角栓が目立つということは、
・肌にキメが少ない
・肌表面の角質層が薄い
・皮脂腺のみが過剰に育ってしまった

という条件によるものです。

スキンケアで肌本来の力で行われるべきターンオーバーのサイクルを壊してしまい、自然に垢がはがれるまえに、表面を取り去ってしまうと、新しい未熟な細胞が表皮に表れることがが多く、繰り返すことで皮膚全体が薄くなってしまいます。

コスメをやめたことで一時的に発生

コスメをやめたことで一時的に発生

ではなぜ、肌断食をすると角栓ができてしまう人がいるのでしょうか?

これは過剰なスキンケアを重ねてきたことが原因と考えられます。

クリームやリキッドタイプのメイクや日焼け止め、化粧下地などをつけることにより、洗浄力の強い洗顔料で落とす必要があります。

すると、強い洗浄力はもともと肌に備えていた天然保湿因子を流してしまいます。バリア層がなくなったことに不安を感じた肌は、それを護ろうと、もっと皮脂を分泌します。

皮脂の分泌が盛んになると、バランスが崩れて酸化した余分な皮脂が蓄積されていきます。さらに酸化した皮脂が、落ち切らなかった角層と絡み合って角栓が育つという悪循環に陥ってしまうのです。

肌断食により、スキンケアをやめたことで肌が驚き、皮脂バランスが崩れることも発生の原因の一つになっています。

角栓(モサ)は肌の再生が進んでいる証拠

ただし、肌断食をしていて角栓が目立つようになってきた!ということは、必ずしも悪いことではありません。肌の再生が進んで改善されていく症状のひとつでもあります。

・皮脂を無理やり取り除くことにより、肌が天然のバリア層を戻そうとしている!
・過剰なスキンケアがなくなったことで、肌が豊かな角質層を育てる準備に入っている

顏に角栓が目立つとストレスのもとになりますが、いつまでも続くわけではありません。ターンオーバーが戻るまで、適切な対処をして乗り切りましょう。

角栓ができた!目立ってしまう!そんな時の気になる対処法とは

角栓ができた!目立ってしまう!そんな時の気になる対処法とは

角栓は
・化粧品に含まれる油分やシリコンにより毛穴づまりの程度
・ターンオーバーが正常になるまでの個人差

により、解消する期間が大きくわかれます。

個人差はありますが、肌断食開始数日後から2週間後から目立つようになったという声が多数あります

この時に、気になるあまり乱暴にケアをすると、毛穴が大きく開いた状態で角質が厚くなったり、化膿することもあります。

それは、顔に貼って、はがすタイプのパックも同様です。一時は角栓が目立たなくなりますが、取った際に毛穴の一部をはがしてしまい、毛穴の中に傷をつけてしまいます。

その傷を治そうと毛穴の角層が何層にもわたって、厚くなってしまうと、毛穴が開いてキメが粗い肌になってしまいます。

角層が厚くなれば、毛穴が今以上に開き、再度できた角栓がますます目立ちやすくなってしまうという悪循環に・・・。角栓がいすわってしまうと、皮脂の出口がふさがれ、最悪、ニキビの発生にも繋がります。

・角栓をピンセットで抜く
・指で押し出す
・パックで取り除く

などの毛穴ケアは、肌トラブルが広がる可能性がとても高いのでしないようにしましょう
角栓が毛穴や皮膚に詰まってしまい、重症になってしまうとレーザー治療などが必要になることもあります。

■ワセリンで角栓処理

ごく少量のワセリンを薬指につけ、角栓にあてて優しくなでます。この時に、とれにくい角栓があれば、むりやり取らないようにします。
肌を強くこすらないように注意しましょう。お風呂に入っている時や蒸しタオルをあてるなど、乾燥していないところで行うと、角栓も柔らかくなり取れやすいです。

もしも、とりすぎてしまったと思っても、
「今度はとりすぎないように気をつけよう」と切替れば大丈夫です。気にし過ぎてストレスをためる方がお肌によくありません。
あくまでめだつところだけ、優しく行うようにしましょう。

■塩洗顔の浸透圧吸着を試してみる

塩には浸透圧と呼ばれる現象がはたらくため、肌に塩をのせることで、こすらずに汚れを外に出してくれる作用があります。バリア機能が低下しているお肌やダメージがあるとしみるのが難点ですが、こすらずのせるだけでよいので、続けやすい方法ともいえます。
洗い残しがあると、肌が乾燥したりかゆみが出ることもありますので、優しく丁寧にすすぐよう注意しましょう。

角栓はいつまで我慢すればいいのか

角栓はいつまで我慢すればいいのか

角栓のケアをしない方がよかったけど、実際に自分の顔を見るとがっかりしてしまう…。
いつまで我慢すればいいのか、困る方も多いと思います。
個人差はあるものの、毎日の角栓ケアが習慣になっていた方でも、角栓のケアをやめて数日間で効果を実感する声もあります。
ここでは、肌断食をサポートするスキンケアを提唱している「肌断食研究所」の相談室に届いた声をご紹介します。

悩める女性

角栓が目立ってて…見た目が悪くて、自分で鏡を見るのも嫌…。
毎日角栓をとってしまいます


加藤憲吾(右)

角質を毎日とるなどはしないようにしましょう。
おそらく悪循環になっていると考えられます。

例えば、軽石やヤスリででかかとを削られている方は、
一生と言っていいほど、かかとの角質で悩まれます。
それは、一気に削りすぎることで皮膚が再生しようと頑張り、
さらに角質が分厚くなり、それを削ってまた分厚くなってを
繰り返してしまうからです。
角栓も毛穴に角質等が詰まってできますので、同じように繰り返されます。
大切なことは、何事もバランスです。バランスを崩せば悪循環に陥ります。
美容ソルトの洗顔料「美塩(うつくしお)」※で、
優しくマッサージして洗い流すだけで角栓のケアとしてはOKです。
それだけで十分な、毛穴ケアになっています。
一時期は、今よりも角栓が目立つようになるかと思いますが、
本当に良くしたいのなら我慢です。
我慢の先に、毛穴レスが待っていると思って下さい。


悩める女性

返信ありがとうございます。
毎日角栓を取ることをやめ、数日後。
朝、顔を見たら、顔がいつもより白くなっていました。
おでこの毛穴が、かなり、小さくなっていました。
2つ変化がありました。
これは、とてもすごいことです。
数えきれない化粧品を使ってきましたが、、、、
こんなに、すぐに変化があったのは、初めてです。
何もしない事が最高のスキンケアに、驚いています。笑

~肌断食専用の洗顔シリーズ 美塩(うつくしお)~

美塩 うつくしお 洗顔料

肌断食に大敵の合成界面活性剤が無添加の洗顔料。

洗浄成分に美容ソルトを配合することにより、浸透圧の力で毛穴よごれを吸着し、素肌のうるおいである油分をみちびきだします。
洗いあがりがつっぱらないので、肌断食初心者におすすめです。

肌断食専用の美容ソルトの洗顔料「美塩(うつくしお)」

■角栓をどうしても隠したいときは

・マスク着用

鼻や口周り、頬などの角栓ならマスクを着用するのもいいです。

辛いと思いますが、肌の再生力を上げるための肌断食です。くれぐれもこすりおとさないようにしましょう。

■皮脂分泌を抑えるならビタミンB1、B2が有効です

豚肉やピーナッツ、焼きのり、ゴマ、うなぎ、納豆、卵、まいたけ などに含まれます。

また、油分の摂りすぎには気をつけましょう。揚げ物や洋食を控え、和食寄りの食事をするのもおすすめです。

話題の角質培養とは?

話題の角質培養とは?

■角質培養とは?

角質培養とは、角質層を成熟させ厚みを取り戻すことです。

油分の強いスキンケアや化粧下地・日焼け止めなどを多用することで薄くなった、角質層を成熟させるよう見守り、肌のバリア機能を戻すスキンケア法のひとつとされています。

角質培養は、ネットやブログや口コミで広がっていった考え方で、皮膚科学に基づいた方法論ではありません。角質おとしを目的としたスキンケアを一切しないことから、「垢ため」とも呼ばれています。

肌断食と別のスキンケア方法として説明をされていますが、本来の目的を考えると、理論的には肌断食と変わりがありません。

肌断食の目的の中に、角質培養があるというとらえ方もできます。

■肌のターンオーバーの仕組みを解説

肌の一番表面には、表皮があり、4つの層から構成されます。肌表面から、「角質層」「顆粒層(かりゅうそう)」「有棘層(ゆうきょくそう)」「基底層(きていそう)」です。
肌は、基底層から細胞分裂を繰り返すことで、有棘層→顆粒層→角質層と細胞分裂を行なっていき、最後に肌の表面で垢となってはがれ落ちます。

肌に過剰なお手入れをすることで、ターンオーバーが狂ったり、スキンケアなどの合成界面活性剤による刺激で、角質層の層が薄くなっていきます。よくターンオーバーを促進させると、肌の生まれ変わりが早くきれいな肌になるイメージがありますが、ターンオーバーを早めると未熟な角質が表皮に表れることになります。

お手入れ等による過剰な刺激を与えると、ターンオーバーの乱れを起こし、角質がとても薄く、バリア層が不安定な肌になってしまいます。

■クレンジングやピーリングはNGです

角質培養では、角質の厚みを取り戻す=バリア層の復活が目的ですから、肌断食のメソッドが角質培養の本筋から離れているわけではありません。

肌断食でも、同様ですが角質培養でも、クレンジングやピーリングなどのスキンケアはしない方が良いでしょう。

角質培養のスキンケア法で、肌に唯一の保湿として化粧水や乳液の保湿を進めている方法が進められていますが、理論的にこれらのスキンケアを戻しても、肌の本来の保湿には至りません。

肌の表面にもともと備わっている
・天然保湿因子
・正常な常在菌
・皮脂がととのった最適な状態
に、かなうスキンケアはないからです。

化粧水や乳液の使用を「一時的なもの」としないと、元通りになる可能性もあります。
肌本来のバリアが整わないと、角質に厚みが増すことはない、と肝にめいじましょう。

過剰な保湿をスキンケアで対処してしまい、本来の目的である、天然保湿因子の分泌を阻害しないよう、十分注意しながら進めていきましょう。

■とにかく肌に刺激を与えない

肌断食は突然一切のスキンケアを絶たなければならない!と思っているなら、一度その考えを横におきましょう。そして、「自分自身の肌と向き合いながら、肌トラブルを起こさないために、どうやってスキンケアをやめていけばいいか」を考えてみましょう。

角質培養も肌断食も、失われた素肌の健康やバリア機能を取りもどす、という点ではとても似通っている考え方です。

角質培養にも繋がる肌断食の正しいやり方とは?

角質培養にも繋がる肌断食の正しいやり方とは?

肌断食は段階を得て、スキンケアをやめていく方法もあります。
角質培養の正しいやり方として、
クレンジングやピーリングなど、角質ケアをせず、化粧水や乳液のみで保湿を行なうとされていますが、

肌断食では、週末断食や夜だけ断食もおすすめしています。角質培養の目的も含めて、「完全肌断食以外」に取り組むことは良い方法と言えます。

また段階を踏んでスキンケアをやめていく肌断食も良いでしょう。

・段階を踏んでスキンケアを少なくしていく肌断食の一例

1 クレンジング、日焼け止め、リキッドファンデーションを毎日使わないようにする
2 さらに頻度をへらしていく
3 洗顔料を肌に優しい「窯焚き鹸化法で作られた石けん」「水やぬるま湯だけ」「塩洗顔」に変え、頻度を増やす
4 美容クリームを毎日、顔全体に使わないようにする。
5 さらに頻度をへらしていく
6 乳液、美容液を毎日使わないように頻度を減らす
7 化粧水を使う頻度を少なくする

ほんの一例ですが、完全にぱったりやめるのではなく、頻度を減らして様子を見るところから始めてみるのも一つの方法です。

角質培養も1~2ヶ月程度で完成しないと言われています。肌断食とうまく組み合わせながら、進める方法へとアレンジして、続けやすい取り組みしやすい方法で続けていきましょう。

肌断食で効果が出るまで

「肌断食をはじめて、最初のうちは角栓が大きくなって毛穴がめだち、外に出るのが本当に嫌でした。肌に変化が出てきたのは2ヶ月くらいたってからです。目立っていた毛穴から角栓つまりがなくなりキレイになりました。
毛穴ケアをスキンケアでいくらしても改善にしなかったのに、何もしないで良いなんて驚きです(M.Kさん 愛知県/39歳)
「私は3週間後に角栓が大きく目立ち始めました。3ヶ月くらいは、本当に辛かったのですが、肌断食専用の美塩(うつくしお)の洗顔に切り替えてみたところ、徐々に治まってきて、肌も白くなるし、めだっていた大きい毛穴が小さくなっていることに気付きました。大人になっても毛穴って小さくなるのですね。(O.Mさん 宮城県/41歳)」
「肌断食8ヶ月目です。私は最初のうちは特に角栓が目立つということはありませんでしたが、急に角栓が目立ち始めた時期がありました。それは夏の間、気になったので日焼け止めをつけたからかも知れません。日焼け止めを使わないようにして1ヶ月したら、角栓が落ちつきました。(A.Tさん 富山県/45歳)」
「肌断食に取り組んでから、5日目で乾燥が、2週間後にはニキビも出てきてしまいました。毎日のように(始めなきゃよかった)と後悔していましたが、3ヶ月経過した時に、少しだけ乾燥がやわらいできたことに気付きました。1年半経過した今では、季節の変わり目に少し、粉がふいたようになることもありますが、ニキビも落ち着き、スキンケアに振り回されなくて良い生活も快適と感じています。このまま続けていこうと思います。(M.Mさん 千葉県/37歳)」

肌断食専用の洗顔料「美塩(うつくしお)」とは

まとめ

肌断食による角栓は、目立つし気分も滅入るので「始めなきゃよかった…」とつい、思ってしまいがちですが、そうではありません。肌が自力で本来のバリアを取り戻そうとしている証拠。必ず、角栓を無理やりとろうとしないでください。
焦らずあわてず、自分の肌を信じて、ホンモノの素肌と健康を取り戻してください。

【合わせて読みたい】
肌断食最大のポイントとなる洗顔についてまとめました!!

肌断食の成否を握る”洗顔”。正しい方法は?

肌断食研究所の洗顔料は、肌断食専用の美容ソルトの洗顔料!
安心の合成界面活性剤無添加で、美容ソルトの浸透圧で毛穴の汚れを取り除きます。

公式サイトにはない、初回限定のお得なキャンペーンコースがあります。
↓↓「しっかり続けて成果を出したい」 という方はコチラがおすすめです↓↓