肌断食中の紫外線対策に注意

肌断食中は紫外線の影響を受けやすいといった話をよく聞きます。今回はその真相と、特に夏場に紫外線からどのように肌を守るべきかについて解説します。
肌断食は、一切のスキンケアやメイクを止めるようにし、お肌本来の機能を取り戻すスキンケア方法です。

肌断食では、肌にもともと備わっている天然保湿因子や細胞間脂質を護り、肌を保護してくれる常在菌を、スキンケアやコスメでこそぎ落さないようにする目的があります。

そのため、水やごくぬるいお湯の洗顔や、石けんでも落としきれない「日焼け止め」は使用しないようおすすめしています。

といっても、「紫外線が強いのに、そのまま紫外線を浴び続けるなんていいはずがない!!」と不安になる方も多いでしょう。

日焼け止めには、「紫外線吸収剤」やクリーム状にして塗りやすくするための「シリコン」「防腐剤」が入っています。

お肌の健康を損ねてしまう成分が多く、また、洗浄力が強い洗顔で落とす必要があり、肌断食には不向きです。

また、化粧品に頼り続けていたお肌は、スキンケアをやめることで乾燥しがちになります。

乾燥肌のままでいると、紫外線の影響を受けやすくなります。そんな時には「夜だけ肌断食」など、ゆるやかな肌断食をしていくと良いでしょう。

今回は肌断食中の紫外線対策についてまとめてみました。

肌断食中に紫外線の影響を受けやすいのはなぜ

肌断食中に紫外線の影響を受けやすいのはなぜ

肌断食では、それまで続けていたスキンケアやメイクを減らしていき、最終的には化粧品を使用しなくとも、健康な美肌を作って行くことを目的としています。

特に、夜はお肌の代謝活動が活発になるため、「夜だけ肌断食」から始め、就寝中にお肌本来のチカラを戻し、徐々に化粧品を減らしていくようにしていきます。

突然、一切のスキンケアをやめてしまうと、化粧品に頼っていた肌は、天然の保湿成分が出しにくい状況になっているので乾燥しがちになります。

乾燥して防護層が薄くなっている肌は、突然日焼け止めの使用を控えると、紫外線の影響を受けやすくなってしまいます。

肌断食は、一切のスキンケアやメイクをしないという前提がありますが、もしも乾燥がひどい場合には、朝や昼間のみ、乾燥の気になるところだけ化粧水やワセリンを微量使いし、段階的に行うことを推奨しています。

日焼け止めクリームはお肌への刺激大

日焼け止めクリームはお肌への刺激大

肌断食では、日焼け止めの使用を止めるようおすすめしています。理由は、3つあります。

  • 「紫外線吸収剤」は、肌表面で化学変化を起こします。この化学変化が肌の弱い方や敏感肌の方に刺激になることがあります。
  • 滑らかな使い心地にするため、「シリコン」などの潤滑剤が入っています。シリコンは、お肌をコーティングする作用があるので、毛穴を塞いでしまいます。落とすためには、洗浄力が強力なクレンジングや洗顔が必要なり、お肌にもともと備わっている天然の保湿因子など、うるおいを流してしまいます。
  • 日焼け止めに添加されている防腐剤が、お肌を護る常在菌を取り除いてしまい、外敵となる菌が肌につきやすくなります。

このように、長期的に使用するとお肌にはよくないことばかりです。

多用すればするほど、目に見えないところで、お肌の本来備わっている機能を狂わせてしまいます。結果、お肌への刺激やダメージがどんどん蓄積していきます。

また、紫外線は、若返りのビタミン「ビタミンD」を体内で作るために有効です。女性は閉経やホルモンバランスの乱れから、「骨粗鬆症」にかかりやすいと言われています。

骨粗鬆症

骨粗鬆症は、3人に1人がかかると言われている「骨がスカスカ」になる病気です。骨折しやすくなったり、骨が曲がったり、顔を歪ませることもあります。

昔は、食事でビタミンDを摂ろうとしても摂取が追い付かず「日に当たるように」推奨された時代もありました。

現代では、食品から一定に摂ることができ、オゾン層の破壊から紫外線事情が昔と変わった、と言われていますが、隠れ栄養失調も取りざたされていることを考えると、紫外線の弱い時間を決めて適度に浴びる方が良いでしょう。

骨の生まれ変わりは毎日少しずつ行われているので、少しずつ陽にあたることで、骨を強くする材料として使われます。全身の骨が完全に生まれ変わるまでは3年かかるので、陽にあたらない影響は、後からやってくるのが怖いところです。

また、陽にあたらないと、筋力低下や足の痛み、免疫力の低下、うつ、花粉症まで影響があると言われています。

紫外線の少ない早朝や夕方に浴びるようにし、日中のみ日傘で対策する、などの工夫をしていくのがオススメです。

身にまとうもので紫外線対策を

身にまとうもので紫外線対策を

紫外線にあたっても通常20分程度であれば、シミなどの原因にはならないと言われています。

20分~30分程度外に出るくらいですむのなら、日焼け止めや、リキッドファンデーションを使う方が、肌への悪影響が大きいです。強い合成界面活性剤や防腐剤が入っていることで、肌のバリア機能を低下させてしまいます。

肌断食中は、下記の紫外線対策をオススメします。

■日傘

  • 傘の内側の色が黒いと、紫外線のはねかえりも吸収してくれます
  • 暑い夏なら遮熱性の機能もオススメです

■長袖を着用

  • UVカット効果のある長袖を着用する
  • さらっとしている素材なら夏にもよいです

■帽子

  • つばの広めの帽子が首や背中も覆うのでオススメです
  • 紫外線吸収効果のある帽子もあります

肌に日焼け止めを塗るのではなく、日傘、長袖、帽子で対策しましょう。

日焼け止め 対策ならお肌に優しい方法がオススメ

日焼け止め 対策ならお肌に優しい方法がオススメ

もし、紫外線の強い時間帯に帽子や日傘、長袖を着用できないなら、お肌に優しい日焼け止めを使うようにしましょう。

肌に優しい日焼け止めを選ぶポイントは、

  • 石けん(窯炊き鹸化法)や美容ソルトなどで落ちるもの
  • 合成界面活性剤不使用のもの
  • ノンケミカル(紫外線吸収剤無添加)
  • ノンシリコンのもの

こちらを推奨しています。

上の四点のポイントを押さえて日焼け止めを選んだ場合、パウダータイプがオススメです。
優しい洗顔で落とすことができます。
紫外線散乱効果がある「ミネラルファンデーション」で代用するのが良いでしょう。

ミネラルファンデーションには、
酸化チタン
酸化亜鉛
が含まれており、紫外線散乱効果があります。

酸化チタンは紫外線UVBを遮りSPF値、酸化亜鉛は紫外線UVAに有効でPA値を引き上げる効果が認められています。酸化チタンは、酸化亜鉛ほど被膜力が劣ると言われていますが、この2つでSPFもPA
もカバーできます。

ただし、天然鉱物で作られているので、金属アレルギーがある方は注意が必要です。

日焼け止めがどうしても必要なら…塗る前には必ずワセリン

日焼け止めがどうしても必要なら…塗る前には必ずワセリン

「日焼け止めを塗るのも肌には良くない。でも、紫外線を浴びる方がもっと良くない」という理由で日焼け止めを塗り続けていますが、それは間違いです。

お肌にもとから備わっている「天然保湿因子やセラミドなどで構成される細胞間脂質」がキレイに揃っていると、うるおいがあるので、ふっくらとキメが整い、紫外線でも外敵にはなりません。

目指すは、天然保湿因子が整い、素肌力がある健康な美肌。化粧品に頼らずにすごせる肌です。

肌断食で「日焼け止めを禁止」するのは、そのような理由からですが、事情が許さない時もあると思います。

  • 日常的に長時間、日の当たる場所でお仕事をしている方
  • 紫外線の強い日中に20分以上外に出ることが多い方
  • 海水浴や野外スポーツ、雪山レジャーなどに出ることのある方

このような時には、ワセリンをごく薄く塗って、肌を保護してから日焼け止めを塗るようにしましょう。
ワセリンは、ごま一粒くらいを伸ばすだけで十分なので、多用しないように注意してください。

ワセリンは毛穴に詰まりにくいと言われていますが、量が多い時には化粧品同様、毛穴を塞いでしまいます。

また、何日も続けないように注意してください。日焼け止めは、もしも肌に直接ついた場合、お肌に良い常在菌を壊し、毛穴詰まりを起こしやすくなります。

肌表面の天然の保湿成分が壊れると、戻るまで3日から4日かかると言われています。使い続けると、肌がスカスカになってしまうので、続けて使わないようにしましょう。

まとめ

肌断食の日焼け対策についてまとめてみました。肌断食は、お肌の健康や素肌力を上げるメソッドなので、なるべく化粧品に頼らない方法で対策するのをオススメしています。お肌自ら潤うことができれば、日焼け止めに頼るより、日差しに負けない肌になることができます。正しい対策をしていきましょう。

【合わせて読みたい】
肌断食最大のポイントとなる洗顔についてまとめました!!

肌断食の成否を握る”洗顔”。正しい方法は?

プルミエグランの洗顔料は、肌断食専用の美容ソルトの洗顔料!
安心の合成界面活性剤無添加で、美容ソルトの浸透圧で毛穴の汚れを取り除きます。

公式サイトにはない、初回限定のお得なキャンペーンコースがあります。
↓↓「しっかり続けて成果を出したい」 という方はコチラがおすすめです↓↓