肌断食のやり方|はじめたばかりの方へ

肌断食がはじめての方は、どのように肌断食をすればいいか分からないですよね。

「お手入れが洗顔だけなんて不安」
「いきなり全てのスキンケアをやめるの?」
「自己流のやり方でいいの?」

これから肌断食を始める方から、こんなご質問をよくいただきます。

まずはじめにご理解して頂きたいことは、今まで使ってきた化粧品の量や期間にある程度比例して、お肌のバリア機能や代謝が低下している可能性があるということです。

つまり、お肌の状態によって、肌断食のペースや効果には個人差がでるということです。
そこでこのページでは、肌断食のやり方から基本までお伝えします。

  1. 肌断食の基本
  2. はじめにクレンジングをやめる
  3. 化粧品の四原則
  4. ファンデーションを見直す
  5. 化粧下地は使わない
  6. 日焼け止めと紫外線対策
  7. スキンケア化粧品を見直す
  8. 肌断食をすすめる期間・流れ

肌断食の基本

スキンケアの基本とは、お肌に負担になっているものを省いていくという、「引き算」をすることになります。

決して、上から与えることが大切ではありません。
むしろ与えることは、お肌が自ら美しくなろうとすることを防いでしまい、負担を与えることになってしまいます。

お肌の負担を減らすことで、自らもっている素肌本来の力を発揮することができます。

そのため、まずはお肌の負担になっているものを理解し、引き算をすることが肌断食の第一ステップです。

はじめにクレンジングをやめる

肌断食では、はじめにクレンジングをやめましょう。

クレンジング剤に使用されている合成界面活性剤の洗浄力や分解力は、メイクなどの化粧品を落とすだけでなく、肌の保湿成分までそぎ取ってしまうからです。

肌の保湿成分とは、細胞間脂質(セラミド)と天然保湿因子(アミノ酸)といい、この保湿成分は、体内の水分が蒸発しないように乾燥から守っているだけではなく、バリア機能としての役割を果たしています。

クレンジングによってお肌の保湿成分が失われると、乾燥するだけでなく、バリア機能が低下するため肌荒れなどの様々なトラブルにつながってしまいます。

つまり、美肌作りには、バリア機能を高めることが必須なのですが、クレンジングはバリア機能を壊してしまうということです。

また、細胞間脂質(セラミド)と天然保湿因子(アミノ酸)は、毎日の代謝によって作られるものであり、化粧品によって補えるものではありません。
ですから、肌の保湿成分を自ら削ぎ取らないことから始めることが大切になります。

クレンジングを使って美肌を目指すというのは、揚げ物やお菓子、チョコレートなどを毎日食べてダイエットするということと同義であると考えていただくといいでしょう。

化粧品の四原則

クレンジングをやめるということは、メイクなどの化粧品も見直す必要があります。

もちろん肌断食では、夜だけではなく日中も何もつけないことが理想です。

しかしながら、バリア機能が低下していてキメの整っていない状態では、初めからすっぴんで過ごすことは難しいかもしれません。

メイクなどの化粧品は、下記の化粧品の4原則に沿ったものにしましょう。

■化粧品の四原則

・石けん(お湯)で落ちる
・合成界面活性剤無添加(オイルフリー)
・シリコン無添加(ノンシリコン)
・紫外線吸収剤無添加(ノンケミカル)

リキッドファンデーションやクリームファンデーション(つまり液体状の化粧品)は、界面活性剤やシリコンなどを含むものが多いので、使用を控えることをオススメします。

四原則に合ったメイクを使うことで、お肌への負担も軽減され、毛穴も詰まりにくくなります。

ファンデーションを見直す

四原則に合ったメイクは、ファンデーションであれば、パウダータイプ(ミネラルファンデ等)になるかと思います。

日中の紫外線対策をしたい場合は、紫外線散乱剤という日焼け止め成分が配合されたパウダーファンデーションを使用するといいでしょう。

化粧下地は使わない

化粧下地といわれる化粧品ですが、リキッドタイプ等のファンデーションと成分が変わらないものがほとんどです。
そのため、お肌へ大きな負担を与える可能性があるので、使用しないことを推奨しています。

メイクのノリが悪いというような場合は、化粧水やワセリン、馬油などをできるだけ薄く付けましょう。

これらの保湿は、複数つけるのではなく、どれか1種類までにすることがポイントです。

日焼け止めと紫外線対策

日焼け止めは、スキンケア化粧品と同様に必需品と思い込んでいる女性が多いですが、大きな誤解です。

もちろん、日焼け止めが必要な場面はありますが、紫外線よりも日焼け止めの刺激がお肌に負担になっていることがよくあります。

通常、日光(紫外線)に当たる時間が、「真夏の日中」であったとしても、20分程度であればシミになることはないと言われています。
10〜4月くらいであれば、日中でも1時間ほどは害にはなりません。

ですから、30分程度の外出の場合は、日傘や長袖、帽子などで防ぎます。

それだけでは日焼けが気になる場合は、紫外線散乱剤入りのパウダーファンデーションで防ぐようにしましょう。
(パウダータイプの日焼け止めでも可)

日焼け止めをつけるのは、レジャーや屋外でのスポーツ、長時間の外出時などだけにすることで、お肌にやさしい環境を作ることができます。

スキンケア化粧品を見直す

日常的に、クレンジングやリキッドファンデーション、化粧下地、日焼け止めを使っていれば、お肌へは大きな負担がかかっています。

しかしながら、スキンケア化粧品を多用していれば、同じくらいお肌へは負担がかかっています。

もしあなたが、スキンケア化粧品を3種類以上つけているとしたら、お肌の代謝が大きく低下しているとお考えください。
ただ、1つのみであっても、クリームをべっとりとつけているとしたら同じです。

たくさんのスキンケアに頼ってきた人は、素肌本来の力を引き出すためには時間をかけることが必要です。

肌断食をすすめる期間・流れ

お肌の状態や生活環境もひとそれぞれのように、肌断食もご自身に合った方法にカスタマイズしていくこと必要です。

肌断食研究所がオススメする、肌断食のペースをお伝えします。

■数日から1週間

夜、素肌で就寝することに抵抗を感じる場合は、オイルフリーの化粧水のみをつける。
早い方は、つっぱり感も感じなくなってきます。

■1ヶ月後

徐々に化粧品を減らし、1ヶ月後にはスキンケア化粧品を1種類までに減らします。
(ワセリンでも可)

■数ヶ月後

「化粧水いらないじゃん!!」と多くの方が感じる時期になります。

■半年後

お肌が安定してきて、ファンデーションなどのメイクを減らし始めるにはちょうどいい時期。
「今までスキンケア化粧品に頼ってきたのは何だったの?」と感じることも。

ナチュラルな美しさを目指しましょう!!

■1年〜数年後

素肌がサラサラ、憧れのノーファンデに!!

まずは半年間ほど肌断食を継続し、その経過状況を見てみましょう。
きっと「私の素肌って気持ちいい!」ということを実感していただけると思います。

ショッピング・ログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

現在のかごの中

合計数量:0

商品金額:0円

肌断食Labo (ログイン)

肌断食Labo ログイン

NEWSRSS

2019年09月26日
消費税率10%適用日時について
9月29日(日)22時59分までにご注文が「完了」した場合、消費税率8%が適用されます。
※お届け日指定は、10月5日までとなります
※10月6日以降を指定した場合、発送時に10%に再計算されますのでご注意ください

9月29日(日)23時以降のご注文分より、消費税率10%が適用されます。
※消費税率の適用は、注文日ベースではなく発送日ベースとなります
2019年06月26日
無料オンラインセミナーを開催します【6月26日(水)】
2019年06月03日
送料改定について
運送会社から配送費の値上げがあり、社内のコスト削減ではご対応できず、やむを得ず価格改定をせざるを得なくなりました。
650円(税抜)→700円(税抜)

9,200円(税抜)以上をお買い上げの際は、引き続き無料とさせていただきます。
お客様には大変ご迷惑をおかけ致しますが、何卒、ご理解ご了承いただけますと幸いです。
2019年04月26日
ゴールデンウィークのお届けについて
■ゴールデンウィークの発送
・4月26日(金)のご注文 →翌日発送
・4月27日(土)〜29日(月)までのご注文分 →4月30日(火)発送
・4月30日(火)、5月1日(水)のご注文 →翌日発送
・5月2日(木)〜6日(月)のご注文 →5月7日(火)発送

ご不便をおかけ致しますが、何卒、よろしくお願い致します。
2019年02月13日
洗顔料がバージョンアップしました
パーフェクトソルトクレンジング《洗顔料》が、バージョンアップしました。
※成分の大きな変更はございませんのでご安心ください
※パーフェクトソルトクレンジングの販売は終了致しました
2018年12月12日
プルミエグランは、肌断食研究所に社名変更しました