ログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

肌断食の洗顔・メイク落としのしかた

なぜ、美容ソルトの洗顔がいいの?
純石鹸で洗ったらつっぱり感がすごくある
肌断食って水洗いだけでいいって聞いたけど...

肌断食を行うと、スキンケアと呼べるものは洗顔だけになります。
肌断食における洗顔の役割はとても重要で、肌断食が成功するか失敗するかに大きく関わっています。
間違った洗顔をしていると、乾燥するだけじゃなく、肌断食を断念することにもつながりかねません。
肌断食成功の最もポイントとなる洗顔について、詳しく説明します!

目次


  1. 1.純石鹸が肌断食にいいの?
  2. 2.お湯だけ洗顔でおちいる誰も知らない罠
  3.  ■メイクをされる方
  4.  ■毛穴詰まりがある方
  5.  ■皮脂汚れによるトラブル
  6. 3.肌断食には美容ソルトの洗顔料
  7. 4.メイク落とし石鹸について
  8. 5.メイク落とし(クレンジング剤)は今すぐやめましょう
  9. 6.肌断食の洗顔についてまとめ

純石鹸が肌断食にいいの?

肌断食をしている方の多くが、純石鹸を洗顔料として選ばれています。
ただ、純石鹸を使用している方の多くが、乾燥を訴えるように思えます。
当社にも、「現在、純石鹸を使用しているが乾燥が酷くて、肌断食が続けられそうにない」というご相談をいただきます。
確かに、洗顔料ではなく、純石鹸で洗顔をすることをオススメしている医師の方が多いのも事実です。
純石鹸をオススメしている理由は、「合成界面活性剤が入っていないから」という理由からくるものです。
一般に、石鹸以外の洗顔料は、洗浄成分として合成界面活性剤を使用しています。
合成界面活性剤は、洗浄力が強いものが多く皮脂を取りすぎたり、生分解しないため、微量の洗い残しなどがあると肌に残った合成界面活性剤が肌表面の皮脂を取り続け、バリア層を壊していまいます。
そして、石鹸に合成界面活性剤を混ぜ合わた製品もあります。
そのような製品は、合成界面活性剤を配合していても「石鹸」という名目で販売しているものありますので、注意が必要です。
にわかに信じられないような製品で溢れているのが化粧品になりますので、合成界面活性剤が配合されているリスクをゼロにするために、純石鹸をオススメしている医師が多いのです。
※純石鹸とは、石けん素地のみで作られた石鹸です
ただ、純石鹸にも弱点があります。
生分解するという点においてはお肌や環境にも優しいのですが、純石鹸は洗浄成分のみで作られているため、洗浄力が強くなるという傾向があります。
また、石鹸の原料は、主に牛脂やヤシ油、パーム油などが代表的な成分なのですが、これらは泡立ちがいいという反面、洗浄力が強いという特徴があります。
肌断食を始められる方の多くは、バリア機能が低下している方が多いため、純石鹸の洗浄そのものが負担になってしまうことがあります。
純石鹸で洗顔をしている方が、過度の乾燥を訴えて、肌断食を断念する理由をご理解していただけましたでしょうか?

お湯だけ洗顔でおちいる誰も知らない罠

肌断食の代表的な洗顔法に、お湯(お水)だけで洗顔をするものがあります。
こちらも、医学界では純石鹸と同じく、推奨している医師が多い洗顔法になります。
ただ、このお湯だけの洗顔も一長一短があります。
長所は、お湯だけの洗顔でお肌の調子が良く、トラブルもなれば、確かにそれだけでいいことです。
この考え方には、当社も賛同しています。
(「美容ソルトの洗顔を販売しているのに!」とツッコまれた方、美容ソルトの良さは後述しますのでご安心くださいね)
短所は、メイクをされる方には採用できないこと、毛穴詰まりがある方や、皮脂汚れによってトラブルになる可能性があることです。

お湯だけの洗顔に向かない方をご紹介します。

■メイクをされる方


お湯だけでは落ちないので、説明不要ですね。

■毛穴詰まりがある方


毛穴詰まりがある方は、自らの油分や水分が出てこない状態になっています。
化粧品などが、毛穴が詰まった状態で肌断食をしてしまいますと、皮脂が出てこないために乾燥してしまい、失敗の原因になります。
つまり、油分や水分である出口である毛穴を、きれいにすることが肌断食成功のポイントであるということです。

■皮脂汚れによるトラブル


皮脂も時間が経って酸化しますと、お肌には刺激となってしまいます。
もちろん、オイル系の化粧品も酸化することで、お肌への刺激は増大します。
お水だけでは皮脂汚れが落としきれず、脂漏性皮膚炎などのトラブルになることもあります。
実は、この肌トラブルが、肌断食を断念する原因の一つになります。

このように、お湯だけの洗顔にもデメリットがあり、洗浄しないことによるリスクがあるため、医師の間でも意見が別れています。
お湯だけ洗顔と純石鹸による洗顔のデメリットを解消し、新たな発想から生まれたのが美容ソルトになります。

肌断食には美容ソルトの洗顔料

肌断食の最大のポイントは、毛穴をきれいに保ち、化粧品に頼らないことで素肌の代謝を高めることになります。
洗いすぎによる皮脂の取りすぎは、お肌のバリア機能を低下させますので注意が必要です。
「毛穴をきれいに保つこと」と「洗いすぎないこと」の両方兼ね備えたのが、美容ソルトの洗顔になります。
美容ソルトの洗顔料は、ソルトの浸透圧により、泡では取れないシリコンなどの成分を肌表面に浮き上がらせます。
また、界面活性剤無添加でお肌に優しく、美容成分がソルトの洗浄による刺激を和らげるためお肌に負担なく洗浄することができ、必要な皮脂を肌の表面に残します。
洗い上がりに突っ張らないのは、美容成分がお肌に残っている訳ではなく(洗い流していますので)、自身の皮脂が薄っらと膜を作っているからです(皮脂膜)。
美容ソルトは、毛穴詰まりを引っ張り出し、必要な皮脂を引き出し、そして残してくれます。
このように優しく毛穴をきれいにすることは、合成界面活性剤も石鹸にもできないため、私たちは、美容ソルトこそが理想的な洗浄であると考えています。
※よく「石油系界面活性剤無添加」という表示がありますが、この場合「石油系」の界面活性剤が入っていないということで、合成界面活性剤が配合されていないということではありませんので注意が必要です

メイク落とし石鹸について

ここまで読んでいただけたら、洗顔の大切さをご理解していただけたのではないでしょうか?
肌断食をしているしていないに関わらず、毛穴をきれいに保つことはスキンケアの基本で、美容ソルトがその役割を担っていることをお伝えしました。
ただ、美容ソルトの洗顔料にも弱点があります。
それは、合成界面活性剤はもちろん、オイルも入っていないためメイクなどの化粧品は落ちないことです。
そこで、当社はメイク落としとして、 石鹸を使うことを推奨しています。
石鹸といっても、洗浄力が高いものがあり、肌を乾燥してしまう可能性があることは前述の通りです。
当社のメイク落とし石鹸は、人間の皮脂に近いと言われ洗浄力がマイルドな馬油が主原料になり、グラニュー糖などの保湿成分等を配合しているため洗浄力が優しい石鹸になります。
発泡剤や起泡剤も使用していないため、泡立ちは緩やかで、成分自体が優しいため泡立てる必要すらありません。
優しくメイクオフし、美容ソルトで毛穴をきれいにすることで、健康な素肌作りの土台を作ります。
もちろん、メイク(日焼け止めを含む)をしていない方や、お湯で落ちるメイクを使用している方は、メイク落とし石鹸は必要ありません。

メイク落とし(クレンジング剤)は今すぐやめましょう

クレンジング剤を必要とするメイクを使用している方は、すぐに石鹸で落ちるタイプに変更されることを強くオススメします。
主には、リキッドタイプやクリームタイプのファンデーション、化粧下地や、日焼け止めなどでしょうか。
特に、朝からフルコースで化粧品に頼っている方は黄信号。いえ、赤信号かもしれません。
フルコースとは、スキンケア化粧品・化粧下地・ファンデーション・お粉など、重ね塗りをしている方で、お肌への大きな負担が懸念されます。
また、クレンジング剤に使用される界面活性剤は強力なため、メイクだけでなく肌の保湿成分も同時に奪ってしまいます。
つまり、メイクとメイク落としのダブルで負担になっているということです。
これらを使用していますと、肌のバリア層が破壊されたり、著しくバリア機能が低下することで、スキンケア化粧品による保湿が手放せない素肌を作ってしまいます。
お肌の改善には、根本から見直すことが必要で、メイクとメイク落としの負担を減らすことは肌断食の基本中の基本になります。
もし、お肌でお悩みでしたら、すぐにでも石鹸で落ちるタイプにされることを強くオススメします。

肌断食の洗顔についてまとめ

下記は、洗顔についての記事になります。
肌断食初心者も、すでに数年以上取り組んでいるような方も、参考になると思いますので、是非、ご一読くださいませ。