肌断食でキレイに!~ニキビ・乾燥・角栓への効果~

「お肌をキレイにしたい!」と肌断食を始めたい方。正しい肌断食のやり方とその効果、さらには肌断食に向かない人についてご紹介いたします。

お肌がキレイになるのはなぜ

肌断食をすると、なぜキレイになれるのかというと、お肌の代謝活動を適正に戻すことで健康な肌になれるからです。

肌が乾燥しているから、補ってあげなきゃと思うかも知れませんが、スキンケアで保湿しているのに、潤いが続かない…と感じたことはありませんか?

肌断食で健康な素肌をゲットできれば、内側からしっかりとした潤いが作られます。素肌の基礎力もアップして、簡単に乾燥しなくなります。

肌の奥深くから湧き上がる保湿因子は、水分と油分をサンドイッチにして細胞を作り込みます。ただの水分だけですと、蒸発してしまうのですが、水分と油分をサンドイッチにすることで簡単に蒸発しないようにします。

また様々な種類を取り揃えたセラミドなどが含まれる細胞間脂質を作り出し、肌表面に送り出すことで、どんどん保湿機能を充実させていきます。

そこに、過剰なスキンケアをすると、化粧品に含まれるシリコンなどで毛穴を塞ぎがちになり、はがれ落ちるべき肌表面の角質細胞が残ってしまいます。

はがれおちないことで「新しいお肌」が作られる合図が送られず、どんどん肌が痩せていき、ふっくらとしたキメが整いません。

また、クレンジングや強い洗顔料で洗うことで、天然の保湿因子などを洗い流してしまい、
お肌が無防備な状態になってしまうため、皮脂分泌が過剰になることもあります。

スキンケアとして行っている保湿ケアは、お肌が「保湿はいらない」と判断し、お肌本来の保湿機能を低下し続けてしまいます。

もともと、潤う力が備わっているのに、お肌そのもの機能を奪ってしまうのです。

肌断食で、スキンケアや化粧品を絶っていくことで、お肌本来のチカラを引き出し、健康な美肌へと改善していくことができます。

肌断食でお肌を強くすることはできない

肌断食でお肌を強くすることはできない

肌断食は、お肌を強くするため、苦行なイメージを持つ方が少なくありません。筋トレにあるように、辛い辛いトレーニングを得て筋肉をつけ強くする、などというものではなく、お肌に負担になっている化粧品をつけないことで、逆に肌への負担を少なくしていくことができます。

化粧品の負担をなくすことが出来れば、本来のお肌の働きがよみがえります。ですので、「お肌を強くする」というよりは、「お肌の元々の働きを呼び戻す」ことができます。

実際に、肌断食を取り入れたことで

  • お手入れをしなくても美肌でいられるので手軽になった
  • 肌が軽く感じられるようになった
  • 素肌のサラサラ感が気持ちいい
  • 肌が呼吸しているって感じがして快適

というような声も聞かれます。

このように、肌断食は「辛さを耐え抜いてお肌を強くする」ものではなく、お肌が化粧品から解放され、元々備えているチカラや自然な働きに戻っていきます。

肌断食に向かない人

肌断食に向かない人

化粧品やメイクを多用するのが好きな方や、肌断食をして短期間で効果を求める方は、肌断食には向いていないでしょう。

化粧品に頼ることで肌そのものの働きが弱まっていることが考えられますので、肌断食は長期的に段階を踏んでいく必要があります。魔法の薬のようにすぐに改善していくものではありませんので、長期的にじっくり取り組んでいける人が肌断食に成功し、キレイな肌になっています。

それには、自分のお肌が持っている元々の力を信じてあげる事も必要です。

アトピー性皮膚炎の方は、潤いの元であるセラミドが正常に生成できないことが知られています。アトピーには、特効薬がまだ明確ではなく、化粧品や合成界面活性剤の使用を止めたり、食生活を見直すなどで改善している例があるようです。

肌断食はその中の一つの選択肢として考えましょう。

ただし、慎重に進めていく可能性があります。
肌断食に理解のある皮膚科専門医に相談されて取り組まれることをオススメします。

肌断食の具体的な効果とは

肌断食の具体的な効果とは

  1. 乾燥しにくいお肌になる
  2. お肌本来の天然の保湿成分は、数種のセラミドなどを含む細胞間脂質と、天然保湿因子(NMF)がレンガ状になって構成されています。
    乳液や美容液に入っているセラミドよりも上質なもの。お肌そのものの保湿成分の方が、乾燥に強く、湿度が低いところでも肌が干からびないように護ってくれます。

    肌断食をすると、お肌本来の保湿機能を取り戻すことができますので、乾燥やしわを感じにくくなります。

  3. ニキビができにくいお肌になる
  4. 化粧品を使わないことで、シリコンなどの毛穴詰まりが起きなくなり、皮脂の分泌やバランスが整いニキビができにくくなります。また、常在菌が整い、外的要素からお肌をまもるチカラが整います。

  5. 毛穴が目立ちにくいお肌になる
  6. 肌断食をすると、お肌のターンオーバーのサイクルが戻ります。いらない角質細胞がお肌に残ることがないので、適切に「新しい細胞を作る」シグナルが飛びます。すると、お肌表面にある角層が厚みを増します。
    それを繰り返していくと、全体的にキメが整いふっくらしていきます。ふっくらしたキメは、毛穴を目立ちにくくしてくれます。

肌断食3つの方法

肌断食3つの方法

肌断食には3つの方法があります。現在のお肌の状態や、これまで化粧品にどのくらい頼ってきたかで、適切な方法を選ぶことが大切です。

どんな方法で肌断食をするかは、その人それぞれによって変わってきます。自分に合う方法で、少しずつ進めていくことが大切です。

3つの肌断食の進め方について、詳しくまとめました。

1.本格肌断食(宇津木式)

本格肌断食とは、形成外科医(美容皮膚科)の宇津木龍一先生が提唱する肌断食の方法です。

宇津木先生は、心から女性の肌のことを考え、「化粧品を止める」という思い切った選択である「肌断食」を広めてくれたお医者様です。宇津木先生が、声を高らかに上げなければ、肌断食は今のような広がりを見せることはなかったのではないでしょうか。

素肌自らが潤う、そのもののチカラを信じ、肌にダメージを与えてしまっている化粧品を「勇気をもって絶とう」と声を上げてくださいました。

化粧品でキレイになろうと頑張っている女性にとっては、受け入れがたいことと認めつつも、本当の肌のことを考えるなら…と耳痛いこともしっかりと伝えてくださる、貴重なお医者様の一人です。

宇津木先生は、肌断食の第一人者として、著書も出されています。
著書の一つである
宇津木式 スキンケア事典 化粧品をやめると、肌はよみがえる」より引用すると
やり方としては、下記のようにポイントをあげていらっしゃいます。

  1. 化粧品、美容液、乳液、クリームなどの基礎化粧品はいっさいつけません。
  2. 朝晩ともに、顔は「ぬるま水」だけで洗います。
  3. クレンジングいつ、いかなる場合も使いません。
  4. ファンデーションはつけません。どうしてもつけたいなら、パウダータイプにします。でも、それもできるだけ早くやめてください。
  5. 特別に日にはリキッドやクリームのファンデーションをつけてもかまいません。でも、それを落とすのにクレンジングは使わず、純せっけんで泡洗顔します。
  6. 肌の乾燥が気になる時のみごく少量の白色ワセリンを押しづけします。
  7. アイメークや口紅などのポイントメークはしてもかまいません。

このように、一切のスキンケアや化粧品を止めることを本格肌断食(完全肌断食)といいます。

本当の肌の健康を考えるなら、目指すべきは「本格肌断食」です。
ただし、化粧品にどっぷり浸かってきた方にとっては、初めから取り組むにはハードルが高い方法とも言えます。

2.夜だけ肌断食

夜だけ肌断食

夜だけ肌断食とは、「夜のみスキンケアや化粧品を使わずに過ごす肌断食」のことです。

完全肌断食のように、一切のスキンケアや化粧品を断つのではなく、朝や日中のスキンケアを徐々に減らしていき、最終的に完全肌断食へ移行するためのステップとなる方法です。

夜は肌の代謝活動がさかんになる時間。代謝活動では、肌の修復やターンオーバーを促進させます。

その修復やターンオーバーをする際に、スキンケアを行ってしまうと、肌本来の機能やチカラが働きづらくなってしまいます。

一部「夜だけ肌断食」の説明で「夜だけ何もつけずに休み、日中は普通のメイクをしていい」と書かれているものもあるようですが、強いメイクを続けてしまうと、毛穴づまりが続く可能性があるので、オススメしていません。

そのような理由から、当サイトでは下記のやり方に沿った「夜だけ肌断食」から始めることをオススメしています。

夜だけ肌断食のポイントをまとめてみました。

■【鉄則】クレンジングはNG

メイク落としのためのクレンジングを使用しないようにしましょう。また、洗顔フォームも使用しないようにします。

洗顔時は湯温が高温になりすぎないように注意します。お湯が高温ですと、洗浄力が強く、お肌の保湿因子を流してしまい、乾燥を招きがちです。

人肌よりゆるい35℃以下のお湯でこすらずに洗うようにしましょう。

■朝)洗顔は水洗顔でOK

朝は水やぬるま湯洗顔が原則ですが、お肌の調子に合わせて洗顔するようにします。

特に、ニキビ、毛穴や皮脂汚れに悩んでいる方は、朝の洗顔もなるべく石けんや美容ソルトなどを使用するようにしましょう。美容ソルトは、塩の浸透圧を利用して、優しく毛穴の汚れを落としていきます。

■朝)スキンケアはケミカルなものを避ける

化粧品を選ぶ時に、「価格」や「使いやすさ」、「オーガニック」などのキャッチコピーで決めることもあると思います。
選ぶポイントは様々ですが、化粧品は化学合成品になりますので、決してお肌にいいものではありません。
保湿のスキンケアは、なるべくワセリンを選び、ワセリンが自分に合わないという場合はスキンケア化粧品に変更します。
スキンケア化粧品は、いろいろな成分が入っていないシンプルなものに変え、肌の乾燥が気になる箇所に、必要最小限の量のみをつけるようにします。

■朝)紫外線対策、メイクは石鹸で落ちるものを使う

紫外線対策、メイクは石鹸で落ちるものを使う

肌断食では、パウダータイプでメイクすることをおすすめしています。パウダータイプは粒子が大きいので、毛穴の奥深くまで入り込みにくいからです。

パウダーの中でも、特におすすめはミネラルファンデーションです。
ただし、原料に金属が使われています。金属アレルギーのある方は注意が必要です。

日焼け止めやリキッドやクリームファンデーションは、合成界面活性剤や防腐剤が含まれており、毛穴を塞ぐ可能性があるので使用しないようにしましょう。

パウダータイプのメイク時に、乾燥からくる「浮き」が気になる時は、ゴマ粒程度の微量のワセリンや馬油を下地に使用します。

たくさんつけすぎると、美容液やクリームを使用した時と同様に、毛穴詰まりの原因になってしまいます。ごく微量を使うよう気をつけましょう。

■夜)洗顔のみでスキンケアは行わない

夜は、洗顔をていねいに行い、その後の保湿目的のスキンケアを行わないようにします。

メイク落としとして、クレンジングの代わりに使用するのは、釜炊き鹸化法(かまだきけんかほう)で作られたお肌にマイルドなせっけんを選びましょう。マイルドな分、洗浄力が落ちてしまいますが、

メイクが残っている場合は、ゴシゴシこすらず、再度優しく洗い流すようにします。石けんでメイクを落とした後は、美容ソルトで洗顔することで毛穴をきれいにします。

その後は、なにもつけず、そのまま休みましょう。
夜の間は肌を休ませ、整える時間にします。

そうすることで、本来のお肌の状態を察知して、皮脂を分泌したり、天然保湿因子などの保湿成分を、肌奥深くで作り出していくようになります。

3.休日肌断食

休日肌断食

お休みにスキンケアやメイクをせず過ごすのが「休日肌断食(週末肌断食)」です。

洗顔は、水やぬるま湯、美容ソルトでの洗顔のみとしスキンケアをせずに過ごします。

休日肌断食の方法として、休み以外は、通常通りスキンケアやメイクをすすめているサイトもありますが、できる限り、肌に負担になるスキンケアやメイクは続けない方が良いでしょう。

肌断食の原則として、

  • クレンジングを使用しない
  • 日焼け止めやリキッドファンデ、クリームタイプのコスメを使用しない

ことを推奨しています。

休日肌断食とは言っても、可能な限りメイクをパウダータイプに変えたり、石鹸で落ちるものに変え、クレンジングを使わないようにしていきましょう。

リキッドファンデやウォータープルーフのマスカラなどでしっかりメイクをしてしまうと、クレンジングを使用せざるを得ません。

クレンジングは、お肌の天然の保湿因子を奪ってしまいます。一度奪われてしまうと、復活するまで3~4日かかると言われています。

土日のお休みなどで2日間程度しっかりメイクを休んでも、肌断食の効果は得られません。

このことから、休日肌断食であっても、クレンジングや日焼け止め、リキッドタイプのファンデやウォータープルーフのアイメイクは、使用しないようにしましょう。

肌断食を始めるにあたり、まずはどんな感じか様子をみたかったり、心配がある方は「休日肌断食」から始められるとよいです。

そして、肌断食を体験してみていいと少しでも感じられたのなら、「夜だけ肌断食」にシフトしいき、毎日継続して、本当の効果を感じていきましょう。

夜だけ肌断食は「ハードルが高い」と感じるなら、化粧品を少しずつ減らしていくだけでも良いです。

厳密にこの方法と区切らず、お肌の調子に合わせながら肌トラブルを起こさないよう、少しずつ進めていきましょう。

肌断食の効果を高めるコツ

肌断食の効果を高めるコツ

■生活習慣改善は必須

キレイな肌や乾燥肌対策を化粧品だけで行うとするのは間違いできす。必要なのは、「肌表面からのケア」だけではありません。美肌はインナービューティー、内側から生まれます。

睡眠不足はありませんか?
便秘はしてしないですか?
美肌に良い食事をバランスよく摂れているでしょうか?
極端な運動不足はありませんか?

健康に過ごせているかをチェックしてみてください。

良い栄養をバランスよく摂り続けることで、美肌を生み出す材料をしっかり補給することに繋がります。

肌はもともと細胞分裂を繰り返しながら作られていく細胞の集まりですので、栄養が足りない状態では良い肌は作られません。

また、セラミドサプリやコラーゲンドリンクなどは、摂っても肌にピンポイントに使われることはありません。

食事をバランスよく摂る方が効果的です。食事でどうしても補えない時に、一時的にサプリなどで補うようにしましょう。

特に排便が滞ると、体内に不要なものをため込み良くありません。有害物質が体中に巡るとも言われています。排便のデトックス効果は、老廃物や有害物質の排泄の大部分を占めるので、改善に向けて取り組んでみましょう。

このように、肌断食では、スキンケアだけでなく根本的な解決を大切にします。

■いつも以上に紫外線対策を

いつも以上に紫外線対策を

肌断食では、紫外線吸収剤が入った日焼け止めを使用しないようにします。またリキッドファンデーションも同様です。

日焼け止めに含まれている紫外線吸収剤は、肌表面で紫外線を化学変化させており、肌によくありません。また、シリコンや防腐剤が含まれており、毛穴づまりを起こす原因になります。

さらに、日焼け止めを落とすためには、強力なクレンジングと洗顔が必要になるため、肌に必要な保湿成分も取り去ってしまいます。

紫外線にあたっても通常20分程度であれば、シミなどの原因にはならないと言われています。

20分~30分程度外に出るよりも、日焼け止めや、リキッドファンデーションを使う方が、肌への悪影響が大きいので、使用しないようにしましょう。

肌断食中の紫外線対策

1.日傘を使用する
・傘の内側の色が黒いと、紫外線のはねかえりも吸収してくれます
・暑い夏なら遮熱性の機能もオススメです

2.長袖を着用する
・UVカット効果のある長袖を着用する
・さらっとしている素材なら夏にもよいです

3.帽子を着用する
・つばの広めの帽子が首や背中も覆うのでオススメです
・紫外線吸収効果のある帽子もあります

肌に日焼け止めを塗るのではなく、日傘、長袖、帽子で対策しましょう。

もし、どうしても上記の方法がつかえない場合は、

  • 石けん(窯炊き鹸化法)や美容ソルトなどで落ちるもの
  • 合成界面活性剤不使用のもの
  • ノンケミカル(紫外線吸収剤無添加)
  • ノンシリコンのもの

4つのポイントに沿った肌に優しい日焼け止めを選びましょう。

上の四点のポイントを押さえて日焼け止めを選んだ場合、パウダータイプのミネラルファンデーションがオススメです。ただし、天然鉱物で作られているので、金属アレルギーがある方は注意が必要です。

まとめ

肌断食は、お肌本来の美しさを引き出したり、元々持っている働きを呼び戻すものです。苦行のようにお肌を鍛えるものではありません。そのため、肌断食が向かない人もいるでしょう。自分のお肌の状態をしっかり判断して、適切な方法で肌断食を行なうことで、理想の美肌を手に入れることができます。根を詰め過ぎず、ゆっくり取り組んでお肌を自然な状態に戻してあげましょう。

プルミエグランの洗顔料は、肌断食専用の美容ソルトの洗顔料!
安心の合成界面活性剤無添加で、美容ソルトの浸透圧で毛穴の汚れを取り除きます。

公式サイトにはない、初回限定のお得なキャンペーンコースがあります。
↓↓「しっかり続けて成果を出したい」 という方はコチラがおすすめです↓↓