毛穴ケアなら肌断食!黒ずみをきれいに除去する方法をご紹介

毛穴の広がりや黒ずみが気になる…。」といったお悩みをお持ちのあなた。「肌断食」といった美容法をご存知でしょうか?いま流行りの美容法「肌断食」について、毛穴ケアができる理由と具体的なやり方を徹底解説いたします。
「毛穴、前よりも目立つようになった気がする!」
「この黒ずみ、なんとかならないかなぁ…」
毛穴レス肌を目指したいのに、なかなか消えてくれない毛穴の黒ずみに悩む方は多いと思います。

毛穴の黒ずみの正体は、その多くが「古い角質による角栓」です。スキンケアに使用するクリームなどは、シリコンが含まれており毛穴に詰まりやすいです。

その結果、不要になった剥がれるべき角質が残り続けてしまいます。皮脂などと混ざって残った状態が黒ずみの主な原因です。

なぜ黒ずみが起こってしまうのかというと、間違ったスキンケアと化粧品にあります。もし、黒ずみが気になるなら、過剰なスキンケアやパテ埋めをするようなメイクを止めましょう。

また、べりべりとはがすパックや、ごしごしこする洗顔も、天然の保湿因子などを落とし過ぎてしまうので、すぐにやめることをオススメします。

無理やりはがしたり、強くこすると、肌自身が行うターンオーバーのサイクルを早めてしまい、未熟な肌が出やすくなります。無防備にさらされた毛穴は、護ろうとして皮脂の分泌が促進され過剰になってしまいます。

赤ちゃんの肌や、腕の内側のスキンケアをしていない部分などに、黒ずみは見えないはず…。化粧品に含まれているシリコンなどで、毛穴が塞がれていない証拠です。

肌断食は、化粧品に頼ることで、崩れてしまった肌本来のターンオーバーを呼び戻すスキンケア方法です。

毛穴の黒ずみケアに最適なサイクルを生み出してくれます。

毛穴の黒ずみの正体は「角栓」

毛穴の黒ずみの正体は「角栓」

憎き毛穴の黒ずみの正体は、はがれ落ちるべき角質が保湿ケアによりはがれず残りつづけてしまったもの。

もともとお肌は内側からターンオーバーを繰り返しながら、肌表面に上ってきます。周期は、若く健康な肌で約28日と言われていますが、加齢や不健康な肌は遅くなっていきます。

とはいえ、お肌が健康な状態なら、役目を終えた古い角質が肌からはがれおち、それを合図に若い角質が新しく作られる…一連のサイクルが必ず起こるのですが、スキンケアやシリコン入りの化粧品を使うことにより、サイクルが絶たれてしまいます。

毛穴はくぼみがあるため、パテ埋めするようなメイクなどが残りやすく、それを落とすために強い洗顔料を使用しなければなりません。強い洗顔料を使用したり、はがしたり、ごしごしすったりすれば、今度は未熟なお肌が外に表れてしまう事になります。

毛穴の黒ずみの正体は「角栓」ですが、角栓を作っている原因を正しく絶たないと、黒ずみ対策は万全ではありません。

角栓を解消する「肌断食」とは

角栓を解消する「肌断食」とは

肌断食は、一切のスキンケアや化粧品をやめて、お肌本来の働きを取り戻すことのできるスキンケアです。

肌断食をすることでお肌本来の健康を取り戻すことができます。

なぜ肌断食が黒ずみや角栓に有効かというと、お肌の代謝活動を適正に戻すことで健康な肌になれるからです。

過剰なスキンケアをすると、

  • シリコンなどで毛穴を塞ぎがちになる
  • 毛穴がふさがるとはがれ落ちるべき角質が残ってしまう
  • はがれおちないことで「新しいお肌」が作られる合図が出ない
  • どんどん肌が痩せていき、ふっくらとしたキメが整わない

このようなサイクルで、毛穴が目立ちやすくなったり、黒ずみに発展していきます。

また、

  • ごしごしこすったり、黒ずみをはがすことで、毛穴が無防備な状態になる
  • クレンジングや強い洗顔料で洗うことで、天然の保湿因子などを洗い流してしまう
  • 無防備なままにしておけないので皮脂が過剰に分泌する

ことも黒ずみや角栓に繋がりますし、

  • 保湿ケアを行うことで、お肌が「保湿はいらない」と判断し、お肌本来の保湿機能が低下し続ける

と、お肌そのもののチカラも弱くなってしまいます。薄くなり痩せたお肌に角栓が目立ちやすくなるのです。

肌断食で、お肌本来のチカラを引き出してあげることが、黒ずみや角栓を解消する一番の近道なのです。

肌断食で「角栓」を除去できる理由

肌断食で「角栓」を除去できる理由

角栓が目立つようになる原因は、お肌そのものが痩せてしまっているからです。豊かにふっくらしたお肌は、毛穴が隠れ見えにくくなります。その状態をキメが整う、と言います。

お肌の表面が痩せてしまうと、毛穴も目立ちやすくなりますし、体内の色が見えやすくなって肌が赤黒く見えることもあります。

角層はとても薄く、0.02㎜とラップ程度の薄さしかありません。
毛穴の黒ずみ、というと「毛穴のスポットケア」を選びがちですが、一番大切なのは、お肌に健康なターンオーバーを取り戻してあげること。

ですので、お肌をごしごしこすったり、角質リムーバーでこそぎ落とさず、お肌本来の働きを取り戻す肌断食が適しています。

肌断食で化粧品をやめることで、角栓を除去できる理由をまとめると、

  • お肌の生まれ変わりをお肌自身のチカラで行います
  • すると、古いお肌がはがれ落ち、新しいお肌を生み出す指令が飛びます
  • ターンオーバーのチカラが活発になります
  • 化粧品が肩代わりしていた潤いを自ら生み出します
  • 潤いを持つことは身体を護ることになるので、健康なお肌になっていきます
  • 皮脂の分泌が正常になるので、お肌に残り過ぎたり、足らないことがなくなります

毛穴づまりがなくなることで、化粧品の分もすべて、いえ、それ以上にお肌自身のチカラで行えるようになります。

肌断食のやり方

肌断食のやり方

肌断食は、三つの方法があります。

  • 夜だけ肌断食
  • 完全肌断食
  • 週末肌断食

です。

もし、化粧品に頼ることが多かったなら、

  • 夜だけ肌断食

から始め、お肌が慣れてきたら、

  • 完全肌断食

に移行することをオススメします。

なぜなら、急に一切の化粧品やスキンケアをやめることで、肌トラブルを起こしやすくなってしまうからです。

特に夜は、クリームなどで毛穴を塞がない方が、寝ている間のお肌の代謝機能が活発になりスムーズになります。

もし、クリーム状やリキッドファンデーションを使ってメイクしているなら、毛穴詰まりを起こしやすくしてしまうので、黒ずみや角栓ケアには向きません。

パウダータイプのミネラルファンデーションは特におすすめです。(成分に天然鉱石が含まれています。金属アレルギーがある方は注意しましょう)

毛穴で悩む方は、化粧品を使う場合、下記の条件に当てはまるものを選びましょう。

  • 石けんで落ちるもの
  • 合成界面活性剤無添加
  • ノンシリコン
  • ノンケミカル(紫外線吸収剤無添加)

どうしてもクリーム状やリキッドファンデーションをつける必要がある場合は、ゴマ粒程度のごく少量のワセリンを下地に塗ってから、ファンデーションをつけます。

お肌に直接のせないことで、ファンデーションを落としやすくすることができます。

また、夜の洗顔もクレンジングや泡いっぱいの洗顔料ではなく、優しい洗顔に変え、必要以上にこすらないようにします。

肌断食では、お肌本来の潤いである「細胞間脂質」「天然保湿因子」を護るようにします。
お肌が生み出す「細胞間脂質」と「天然保湿因子」はレンガ状に積み重なっていて、とても精巧にできています。

湿度がきょくたんに下がっても、私たちの身体が大地のひび割れのように干あがらないのは、この精巧にできた潤いの膜があるからです。

化粧品ではこの精巧な潤いの膜は作ることができません。せっかくの潤い成分を取り除いてしまう、強い洗顔料は避けましょう。

肌断食の洗顔で、純せっけんを進めているサイトも多くありますが、洗浄力が強くなってしまいます。

窯炊き鹸化法(かまだきけんかほう)で作られたせっけんや美容ソルトでの洗顔が、肌に優しくおすすめです。「細胞間脂質」や「天然保湿因子」などを洗い流さず護りながら、汚れを落とします。

お肌に必要なうるおいを残したまま、洗顔することができます。

~肌断食専用の洗顔シリーズ 美塩(うつくしお)~

肌断食に大敵の合成界面活性剤が無添加の洗顔料。

洗浄成分に美容ソルトを配合することにより、浸透圧の力で毛穴よごれを吸着し、素肌のうるおいである油分をみちびきだします。
洗いあがりがつっぱらないので、肌断食初心者におすすめです。

美塩 うつくしお 洗顔料

メイクを優しく落とすなら…人肌に近い馬油が主原料。
昔ながらの釜炊き鹸化法の手作り石けんです。合成界面活性剤不使用で、優しくメイクを落とします。

美塩 うつくしお メイク落とし石鹸

肌断食のQ&A

肌断食のQ&A

肌断食を始めると、毛穴の黒ずみ以外にも様々な疑問が寄せられます。その中でも、代表的な疑問についてお答えしていきます。

1.乾燥がひどいときはどうする?

肌断食をすると、化粧品に頼ることが減るため、乾燥が起こりやすくなります。お肌本来の働きが戻るにつれ、良くなっていきますが、乾燥したままにしているとトラブルが起きる事もあります。
お肌本来の潤いが整うまでは、下記の対策を試してみてください。

  • 朝や日中のみワセリンをゴマ粒程度使用する

ワセリンは医療でも使われる不純物の含まれない油分です。ただし多用すると毛穴づまりの原因となるので、「ゴマ粒」程度のごく微量を使用するようにしてください。

乾燥が気になる箇所にだけ使用して、乾燥しないところにはつけないようにしましょう。

ただし、夜は使用しないようにしましょう。夜はあくまで「何もつけず」過ごして、お肌が自らの働きを取り戻すように促します。

  • 夜は化粧水を利用する

化粧水なら毛穴詰まりを起こす成分が少なく、夜に乾燥が気になる時のみ、乾燥している箇所にのみ使用しましょう。

2.紫外線対策はどうする?

紫外線対策は日焼け止めで行っている方も多いと思いますが、肌断食では日焼け止めもなるべく使用しないようにします。

シリコンや防腐剤が含まれていますし、紫外線吸収剤はお肌の表面で化学変化を起こし紫外線を取り除くので、お肌によくありません。

  • 日傘を利用する

 
紫外線遮断率100%の日傘や、傘の内側が黒いものなら反射した紫外線も吸収してくれます。

  • 長袖を着用する
  • つばが広めの帽子をかぶる
  • ミネラルファンデーションを使用する

 

金属アレルギーの心配がない方は、ミネラルファンデーションを薄づけして対策しましょう。

生活習慣の見直しも効果的

生活習慣の見直しも効果的

肌断食は、お肌本来の潤うチカラやターンオーバーを呼び戻すスキンケアです。

スキンケアやメイクをすることで、失われたサイクルを取り戻します。

それには、適切なターンオーバーが促進されることが大切です。

お肌は、外側から作るものではなく、内側から作っていくものです。お肌表面の角層は、内側から肌表面に上ってくるので、内側の細胞の質が美肌づくりには欠かせません。

  • 睡眠不足
  • バランスの悪い食事
  • 喫煙
  • 便秘
  • 運動不足

などにも大きく左右されます。なぜなら、お肌を作る材料に良質なものがなければ、良いお肌が生まれないからです。

睡眠不足は、成長ホルモンの分泌がしっかり行われないばかりか、お肌の修復も滞ってしまいます。

私たちの身体は生命維持が一番大切なので、睡眠時の修復や代謝の優先順位は、内臓や骨、脳などです。

睡眠不足だと、お肌の修復や代謝がされないままになってしまいます。

また、栄養バランスの悪い食事は、お肌に良い栄養が回りません。喫煙は、せっかく摂取したビタミンをたくさん使ってしまいます。便秘は、良い栄養を摂りづらくなってしまいます。

運動不足の体は、筋肉の低下で酸素や栄養分の体内循環を妨げてしまいます。

美肌は、健康から生まれます。生活習慣を見直すことは、キレイな美肌作りにも繋がります。

まとめ

気になる黒ずみの対策は肌断食でのスキンケアが最適です。黒ずみの原因を絶つことができます。黒ずみ対策をしながら、お肌そのものの健康や美肌を取り戻していきましょう。美肌は一日にして成らず!コツコツと頑張っていきましょう。

【合わせて読みたい】
肌断食最大のポイントとなる洗顔についてまとめました!!

肌断食の成否を握る”洗顔”。正しい方法は?

肌断食研究所の洗顔料は、肌断食専用の美容ソルトの洗顔料!
安心の合成界面活性剤無添加で、美容ソルトの浸透圧で毛穴の汚れを取り除きます。

公式サイトにはない、初回限定のお得なキャンペーンコースがあります。
↓↓「しっかり続けて成果を出したい」 という方はコチラがおすすめです↓↓